私は野口整体を主体とした施術・健康指導を行なっています。

私の経験にもとづいた観察・見解・技術、そして他の技術も必要に応じて施術の中にとりいれています。

時代に合わせて患者さんに適した整体ができればと考えています。

ですが、私の整体の根本は
愉気であり、それは時代が変化しても変わることはありません。

主に背骨や骨盤などの骨格の状態を観察し、患者さんの身体の状況に合わせた施術を行なっていきます。

不快な症状の原因となる歪みを整えて骨格の可動性・筋肉の柔軟性を取り戻し、その人の本来の身体の状態、自然な状態を

導くように手助けし、そして自身の体力で健康を維持することができるよう身体を育てていくという考えで施術を行なって

います。


 野口整体の技術は、その技術の根底に
愉気があります。

愉気とは野口先生が考案した言葉で、相手の身体に気を送ることによって自然治癒力を刺激し、身体の中の働きを高め、

勢いを導き出し、元気を呼び覚ます方法です。

骨格の歪みや筋肉の緊張または弛緩、内臓異常など、すべて気の感応で観察し、そして施術していきます。

施術のときは、強く押したり揉んだりということはしません。

なので、『こんなに弱い刺激で骨格の歪みが分かるんですか?』とよく聞かれることがありますが、身体の正確な状況を

観察するにはなるべく手の力は抜かなければいけないのです。

それからまた患者さんからの質問で、『気で歪みが変わるんですか?』とよく聞かれることがありますが、変わるのです。

不思議に思われることでしょう。

実際、目に見えない”気”というもので、本当に骨格という物質が動くのか!

私も整体に出会った当初は不思議でしたが、気というのは骨格を変える、筋肉の柔軟性を変える、新陳代謝を変える、

いろいろな可能性をもっているようなのです。

ですが、おそらく愉気は遺体には効きません(私は試したことはありませんが!)。

しかし、亡くなった方の人相が苦しそうであったり、険しいような顔であるときに、みぞおちに愉気をすると表情が穏やか

になるそうです。

亡くなった直後の遺体であればまだ気は通じるようです。

ですが、通常は亡くなった身体には気は通じません。

生きているからこそ気は響くのです。

亡くなった身体には自然治癒能力がないのと一緒です。

命がある状態とは、血肉を人間として凝集させている目に見えないなんらかの力が働いていると思われます。

愉気とは、この人間という形に凝集させている根本的な力に働きかけているのではないかと思います。

私もどうして手を当てただけでこんなに身体が変わってしまうのかよくわかりませんが、大雑把な推測としてはそんなところ

だろうと思います。


”骨格の歪み”は、ボキボキと鳴らしたり痛い思いをしなければ治せないというイメージが一般的にあります。

私の場合、そのような技術は使いません。

愉気によって処を押さえ、歪みを、骨格の位置を変えていきます。

骨格の歪みを整える技術というのは世の中にいろいろあり、優れているものがたくさんあると思います。

ですが、私が知っている中では手当てによるこの気の方法が私にとって一番扱いやすく、患者さんの身体にとっても

優しく、適切な方法ではないかと考えています。

歪んでいる処に気を当てていきますと手の中で骨が気に感応して動き出してくるのです。

この骨の動きは、とても複雑で、絶妙な動き方をします。

とても人為的に再現できるものではありません。

背骨が右にズレていたとしても完全に水平に右にズレていることはありません。

その人の全体的な身体のバランスに合わせて、独自の軌道を通ってズレています。

なので、ズレた骨の修整を行なうときも、この軌道を通して修整しなければなりません。

そうでなければ、身体全体のバランスが反発することになり、整えてもまたすぐに元のズレた状態に戻ることになります。

またこのズレた骨を腕力で無理に矯正しようとすると、その上下の軟骨が損傷を受けることになります。

背骨からはたくさんの脊髄神経が出ているので慎重に歪みを調整していく必要があります。

私の整体は・・・

どのような施術法か・・・

野口晴哉(のぐち・はるちか)

1911(明治44年)東京生まれ。

12歳のときに関東大震災に被災し、このとき、病に苦しむ人に本能的に手をかざしたところ多くの人たちが快復する。

これをきっかけに治療家としての道を歩み始める。

15歳で道場を開き、愉気と活元運動を主体とした「自然健康保持会」を設立する。

古今東西の健康法や療術などを独自に探求し、自らの研究から整体操法をまとめあげた。

日本治療師会の評議員を務めたり、大日本連合治療師会の創設にも寄与するなど、療術界で中心的役割を果たす。

昭和22年には整体操法の指導者育成のため、「整体操法協会」を設立する。

この頃から、治すことよりも人間本来の力を引き出して健康に導く自らの活動を”体育”と位置づけ、”治療”という

考えを捨てる。

そうした治療ではなく、体育を志向した健康観、指導理念にもとづいて、昭和31年に文部科学省(旧文部省)の認可を

受けて「社団法人整体協会」を設立した。

いろいろな治療法の混在した一般の整体から区別するために野口整体と呼ばれ、個人指導のほか、活元運動の普及、

愉気法、体癖、潜在意識の研究、子育て、教育など独自の概念・方法論を説く。

多くの後継の整体指導者を育て上げ、1976年(昭和51年)自宅にて家族に見守られ64歳にて永眠。

 私の整体室では、野口晴哉先生の考案した野口整体にもとづいて施術または健康指導を行なっています。

聞いた話によりますと、整体という言葉は野口先生が命名したそうです。

”セイタイ”という言葉の響きに言霊の意味があるらしいです。

そう考えますと、整体の前に野口を付けるのはおかしなことなのですが、一般的に野口整体という言葉が定着しているので

ここでは他の整体または療術と区別するために、野口整体と呼ぶことにします。

  新潟整体室
  自然健康堂

HOMEへ

私の整体は・・・

野口晴哉先生について・・・