我 が ス バ ル 遍 歴

subaruf4このハンドルネームの由来は、スバル水平対抗4気筒エンジンFlat Fourから来ています。決してNIKONのF4ではありません。そして、改めて気が付きました。愛車の写真を撮っていない事を・・・。

私が最初に購入したスバル車第1号、レオーネツーリングワゴン。

本当は、ワインレッドのカラーが欲しかったのですが、新車は販売終了。時期モデルは鉛事件で発売は当分見込み無し、と言う事で、何とか見つけた新古車を購入。     見た目は大人しいですが、既にラリー用のショック(GAB)、ケイニッヒのシート、モモステ、エンケイのリミテッドコンペを装着。     リアのアンテナはパーソナル無線です。  当時はスバル用のショックと言えば、ラリー用しか無いし、シートレールも純正で装着しているモノを外して溶接して貰いました。  ホイールも選ぶ余地無かったな〜。


2代目 スバル初のフルタイム4WD レオーネRXU。

通常アンダーステアなのがスバル車の特徴ですが、この車の場合ハッチバックタイプなので、リアウインドウの重さが幸いし、リヤが良く出てくれました。おかげで奥多摩周遊道路を走行中1回転半した時も綺麗に回ってくれて・・・。ホイールはハーツ。 この車もカラーは

ホワイトしか販売していませんでした。       1年ぐらい経ってからメタリックカラーが発売。面白かったのが、点検の時に同じ車を借りたのですが、その車の速いこと速いこと。「なんだい、あの車チューンしているの?」と聞くと、「あの車は本当の初期型で、ターボトルクの出方がきついのですぐデチューンしたモデルに変更したみたいです。」との事。それ以来、新車を購入の際には発売と同時に購入か、大分経って熟成したモデルを購入しています。(^^;)     

3代目 REXスーパーチャージャ。

結婚前後に良く働いてくれました。後部座席を畳むと天井が高い事も相まってかなりのスペースが出来上がり。引っ越しや大きい荷物も良く運んだものです。       写真は草ジムカーナに出場したときのモノ。場所はフジスピードウエイ駐車場。普段はこんな風にジムカーナ等に利用しています。路面が悪くタイヤの減ること!


4代目 初代レガシーRS。

試乗会に行ってそのスタイリングとパワーに一目惚れ。首都高なんかを流しているとパワードリフト何かも自由自在。ブレーキフィーリングも良かったですね。このブレーキならばALBなんか不要。欠点はパワステ。操舵感が一定せず、いきなり重くなったり軽くなったり。でも、スバルがパワーに走り始めた記念すべき?最初のモデル。     おかげでベンツの覆面に捕まってしまいました。(^_^;) 本当は○○kmオーバーのところ、47kmオーバーに負けてくれましたが・・・。罰金高いぞ〜。以来高速では飛ばさない事に。写真は息子です。


5代目 アルシオーネSVX S3。 (3300cc DOHC 6気筒)

スタイリングに惚れて試乗もせずに購入。水平対抗エンジンは、6気筒になると性格が変身。至ってジェントルになります。トルクが出てきますね。またスタイリングも伊達ではなく、かなり空力も良かった。ある日のゴルフの帰り、同乗者と至って快適にツーリングしていたのですが、当日一緒にプレーして別の車で後ろから付いてきた人の後日談では、「横風がひどくて手に汗握りながら付いて行ったけれどあまりの緊張感で付いていくのをやめた!」と話していました。確かにその日の帰りは台風並みの風が吹いていましたが・・・。そんな天候でも全く意識せずにクルージング可能でしたね。デザインがこんな感じですから、ベンツなんか乗っている方は、イタリアあたりの車だと思っているようです。

何回か聞かれましたモノ、すばるさんの車のスピードメーターは何キロまで付いているの?とか。国産車ですよ!と言うと皆さん同様に驚かれます。ナンバーはシシマイと覚えていました。(笑) 2回目のカブナンバー、ハハハッ!写真は納車の時にセールス君が撮ってくれた物。横は私です。実は納車して貰ってこのまま仕事へ直行の日でした。(^_^)

6代目 レガシーランカスター  (2500cc SOHC 4気筒)

そろそろ子供も大きくなったことだし、4枚ドアで、と言うことでチェンジ。改めて娘と全車種試乗してみて、何となくゆったりした乗り心地のこの車になりました。歳ですね。久々に最低地上高が20pも有りますから、どこでも余裕です。カラーは何かの雑誌にアメリカレポートで同行していたランカスターが同じベージュの2トンカーだったのを見て、あまりに雰囲気が良かったのでこれに決めました。(ちょっとミーハー)ハンドリングは、歴代のスバル車で最高レベルです。もちろんB4はもっと素晴らしいのですが、この車の場合、

セミオフロードタイプのタイヤをはいているにも関わらず、相当粘りますし、接地感がとても素晴らしい。この車に乗ってタイヤ性能も大事だけれどサスセッティングによって随分カバー出来るモノだな〜と改めて感心。車高が車高ですから、さすがに高速域ではすこし足下が心許ない感じはしますが、全体の作りからすれば妥協出来る範囲です。少し改心した中年には。(笑)

7代目 インプレッサ 15i  (1500cc SOHC 4気筒)

1500ccのFFです。15i-Sに比べると、アルミホイール、タイヤ(15i > 175R70 , 15i-S > 195R 60)、純正プラステorモモステ、ボンネットがアルミか金属かの違いが大きな点。試乗は15i-Sでしてみたのですが、大分足回りが勝っている印象。馬力から推測してみるとどう考えても175の方がベストマッチだろう、と結論。納車してから早速雨の日に馴らしを兼ねてインプレ。エンジンはまだまだ廻す訳にもいかず、

気になっていた足回りのチェック。ちょっとフロントが軽いな〜。サスの馴染みが未だとはいえ、すこしはね気味。試乗車ではさほど感じなかったので、タイヤの重量の問題か。  リアは久々のストラット。マルチリンクのレガシーに比較して、接地感が軽い。タイヤのグリップが影響している感じ。ただ、今は懐かしいタックインが利きそうな雰囲気。       ブレーキフィールは良い。そこで、70キロ位から一気にフルブレーキング!早目にALBが作動。こりゃいくらなんでも早いだろう???ノーマルラジアルとは言え!         ふ〜む、タイヤの皮がむけていないからかな〜と何回かテスト。どう考えてもロックのタイミングが早い!おかしいな〜と、帰宅後もう一度カタログデータを検証。          しまった!車重が重い!!!この車もそうなんですが、安全対策として純正でALB等、昔の車から見ると結構な付属品。したがって重量も増えています。初代レガシーRSが220PSで1310kg(エアコン込)そしてタイヤが205。今回のインプレッサが100PSで1230kg。    いけない!車重のバランス忘れていた。なるほど、これならば15i-Sに装着されている195タイヤも納得。焼きが廻りましたね。(笑) 飛ばす、飛ばさないに関わらず、足回りがエンジンスペックを上廻っているのが、基本的に安全なのですが、馬力に気を取られていました。(^^;) ただし燃料は久々のレギュラーで、お財布と環境に優しい車です。剛性はナカナカ良い感じですが、やはりタイヤがネックです。

8代目 レガシー TOURINGWAGON      2.0i  B-SPORT (2000cc SOHC 4気筒)

全く予想もしなかったのですが、なにげにセールス君の作戦に乗って買っちゃいました。レガシーの中では最下位グレードですが、 これは良いです。パワー的にはひとつ上位のノンターボRが有りますが、ファミリーユースで有れば i を選んでも後悔しないでしょう。Rと i の大きな違いは燃料の違いによる馬力の差(Rはハイオク仕様でグロス180馬力、iはレギュラーで140馬力)と、DOHCかSOHCかの違い。

車重はRが約30キロ程重いですが、馬力とトルクの違いでRの方がかなりきびきび走ります。高速や山道をガンガン攻める事が多い方でしたら間違いなくRをオススメ致します。  この2車種、装備されているタイヤのサイズを見ても性格の違いが解ります。        Rは215/45R17と、かなりスパルタンなタイヤ。iは205/55R16とやや乗り心地重視のセッティングになっています。そうは言っても扁平率が55と、昔だったらスパルタンなモデルしか履いていないタイヤなんですけれどね。(笑)

2000ccSOHCのエンジンですが、高速域でもさほどストレスを感じないエンジンです。とりわけパワフルな印象も無いのですが、スーッと流れに乗ってくれます。また、ATのキックダウンのスムーズさは今までのスバル車ではダントツの出来。タコメーターを見ていないと、いつギアチェンジしているか解らないくらいです。ただし、高速やワインディグロードを走ったあと、ATのリリースが遅れ気味になってかなりのショックが有るのが気になります。こちらの件はこのモデルが発売後2年程経ちますが、未だ前例が無いそうなので、後ほどディーラーのメカに調査して貰う事になりました。(2005/10/9)                      # 点検前に直りました。(笑)ヨクヨク考えると、以前SVXでも同じ現象が起きていて、数千キロ走ったら直った事を思い出しました。AT制御のコンピュータが学習するようです。ただし、学習する以前から、危ない症状は無くして欲しいところです。(2005/11)

山道の登りでは、さすがにパワー不足が否めませんけれど、スポーツシフトを多用すると結構走ります。登りだけはRが欲しくなりますねー。(^^;) ただし、流す程度の走りでは全く問題ありません。足回りのポテンシャルを生かせばスポーティモデルにもひけをとりません。WETでの下り坂では、足回りの優秀さが嬉しい程で、今の私には攻めきれないポテンシャルです。回頭性もリニアな印象で、ピーキーな感じは無いのに、軽快にリアが滑ってくれる感じですねー。リアのマルチリンクが路面をしっかり掴んでいて破綻無く廻ってくれる印象と言いましょうか。スッスーと姿勢変化をしてくれるのですが、神経質な事が全く無いセッティングで有ります。そしてとてもジェントルなタックインも走っていてとても気持ちいい車です。すなわち姿勢変化によって色々な攻め方を受け入れてくれる、トータルバランスの優れた足回りだと感心しました。また、走行中、四輪の動きがすべて手に取るように解る事からも、秀逸な脚とボディーが実感出来ます。欲を言えばフロントサスがもう少し減衰力が高くてもイイ感じですが、ファミリーユース要素の高いモデルですから問題ない話です。

ブレーキフィーリングは、やはりもう少し剛性感が欲しいところですが、ABSが無くても大丈夫そうな、思っていたよりダイレクトな感触がナカナカイイ感じです。空力もさすがにSVXの安定性とは行きませんけれど、強い横風が吹いていてもハンドルを取られることもなく、快適にクルージング可能。これも重ねてサスのセッティングも良くできている証拠です。純正はアドバンのこのモデル専用タイヤが装着されていて、横浜タイヤのさすがのウエット性能と相まって、雨の高速、ターマック共に良好なマッチング。と言うより、オーバースペックに振っていますから安心感あるセッティングになっています。ただ心配なのが、これだけ柔いと減りが心配かも。案の定、奥多摩周遊道路を2回ほど走ったら、それなりに減っていましたから、やはり減りが早そう・・・。(^^;)

パワステは少々サーボ過多気味で、個人的にはもう少し手応えの有る方が好きですが、奥様も運転する・・・事を前提にするとまあまあのレベルかな?と言った感じです。ただしATをスポーツモード(+−指定位置)にすると、サーボが弱めになって手応えのある、実に好ましい操舵感に変身!この設定はとても気に入りました。モモステは剛性感と感触共に好印象。ハンドル径もこのモデルにはジャストな感じです。

シートはもう少し素材に工夫を欲しかったなーという感じで、質感が今一歩。お尻部分ももう数センチ広い方がこの車のグレード的には良かったかも。オーディオは、低音域がプアな感じなのと、高音の透明感が今一歩・・・、今三歩かな。(笑) 

細かいところでは、ドアミラーも幅広になっていて、視界が広いのも好印象。また、後ろの荷台からリアシートをボタンひとつで倒せる仕様も便利です。長い荷物を積み込む際には重宝する事でしょう。

つらつらとかきましたが、試乗したときよりしばらく付き合ってからの方が印象が格段に良くなる車でした。運転していて楽しく、今の私の運転能力にベストマッチな車で、セレクトして良かったーと実感する今日この頃です。