01

 

02

 

03

 

04

 

05

 

 静内01

C11210の静内時代。昭和48年8月静内機関区にて(831列車さん提供)

 

静内02

C11210の静内時代。昭和48年8月静内機関区にて(831列車さん提供)

 

野辺地町愛宕公園 C11210

ここを訪れるときは野辺地駅より往復タクシーを使った。駅から歩いたら30分近くかかると言われたのでやむを得なく。このカマはこの地とは殆ど縁がない。なぜここにあるのか不思議だ。もっとも、本州にはこうした例が多い。また、このカマは北海道で働いていた。207と同じ様に二つ目だったらしい。さて、公園とは名前ばかりのグラウンドみたいなところの片隅にこのカマは置かれている。訪れる人はいるのだろうか。結構荒れている。しかし、キャブのドアにはカギがかけられており、キャブ内は荒らされていないのが幸いだった。周辺も含め、整備をして欲しいカマだ。

TADAさんのサイト「汽車・電車1971〜」で831列車さん作の煙の座談会 C11 70年の生涯を語る 〜保存機たちの四方山話〜物語が楽しめます。(TADAさんには直リンクの許可を特別に頂きました。どうもありがとうございました)

back

home