とし坊の 遅れてやって来た 学び舎  
 
ようこそ いらっしゃいました !! ここは スケッチとギターを楽しみ 学問に憧れをもって 学習しながら生きている ひとりの高齢者の生活サイトです ごゆっくりどうぞ !!  


(とし坊の大好きな富士山) 
ここからお入りください。

入 り 口
やり直し、生き直しの勉強を始めました。学問は、奥が深いです。勉強は一生続くと思います。ゆっくりやります。(2003年10月)

放送大学は、4年間の勉強を終わり、卒業となりました。ご鞭撻ありがとうございました。勉強は、これからも続きます。(2007年9月)
 

教養の入り口に立ちましたが、真の学習は、これからと考えています。学問の真、人生の真を求めて、残りの人生を生きたいと思います。(2007年10月)
 木下俊延のスケッチアラカルト
に戻る
プロフィール

木 下 俊 延 HN=とし坊
Kinoshita Toshinobu
1939年生まれ (2001年〜現在)
神奈川県逗子市と大阪府堺市を

往復生活
 
放送大学だけでなく、近時、多彩な通信制やネットの大学が生まれています。若者から、お年寄りまで、生涯学習のツールは、いろいろとあるようです。選択の範囲は広がりました。

私は、後期高齢者で、年金生活者であり、教養を積み重ねるのにも、費用の掛からないことが、第一の条件です。

人生の最後まで、悔いのない探究を続けたいと思います。
放送大学は、2015年新学期から 学籍延長しないで、完全に卒業しました。他のツールで、生涯学習を続けます。(2015-1-24)
 尊敬するルソー ルソーの云う 自然 とは、歴史的な意味の原始時代とか、今現実の自然環境のことではありません。
いかなる社会制度の渦中にあっても、人々の意見に左右されず、自分の目で物を見、自分の心で物を感じ、自分の感性以外には、いかなる権威にも支配されぬ心と共に、他者への憐れみの心を持った本質的には善良なる自由人の生活世界である。
(とし坊の大好きな言葉) (ルソー)
     むすんでひらいて   作曲;ジャン・ジャック・ルソー (1712〜1778)
 
Copyright (C) 2007-2015 Toshinobu Kinoshita All Rights Reserved