借金を沢山抱えてしまった方が,着手金0円で債務整理又は自己破産する方法がいくつかありますので,ご紹介します。

1 着手金0円で債務整理する方法
 サラ金業者からの借り入れの利息は約29%で,利息制限法の原則18%より10%以上高くなっているので,長い期間,返済を継続していれば,元本まですでに完済しているということが多々あります。そのような場合を,過払いといい,サラ金業者に対して返済が不要になるばかりか,サラ金業者から過払いしていたお金を取り戻すことができます。
 今までの経験上,5年以上の取引で,過払いになる可能性が多くなり,10年以上の取引だと,ほとんど間違いなく過払いになっています。このように,過払いが生じている場合には,サラ金業者に返済する必要はありませんし,債務整理の弁護士費用(着手金相当額を含みます)もサラ金業者からの過払い金を充てればいいので,ご自身で着手金をご用意頂かずに,債務整理が出来るのです。

2 着手金0円で自己破産する方法 その1
 次に,サラ金業者の数社に対しては過払いがあるが,他については債務が残り,返済が不能という場合があります。この場合,自己破産ということになり,本来であれば自己破産の弁護士費用が必要になりますが,その費用(着手金相当額を含みます)を一部のサラ金業者から回収した過払い金で賄うことが可能です。このようにすれば,ご自身で着手金をご用意頂かずに,自己破産することが出来ます。

3 着手金0円で自己破産する方法 その2
 さらに,過払いは全くないが,サラ金業者に対する返済は不能で,自己破産の弁護士費用も到底用意できないという場合もあります。そのような場合には,法テラス(日本司法支援センター)というところが,弁護士費用を立て替えてくれることがあります。
 その場合の弁護士費用は,通常の場合よりも安く設定されています。そして,着手金は法テラスが立て替えて弁護士に支払い,債務者は法テラスに月々5千円または1万円ずつ,立替金をお支払いするという形になっています。このように,法テラスを利用する場合,当初ご用意して頂く着手金は0円です。
 なお,自己破産ではなく,任意整理の場合でも,法テラスの援助が得られることがあります。

4 まとめ
 上記のように,着手金0円で債務整理又は自己破産する方法がありますので,借金を沢山抱えてしまった方は,是非一度ご相談下さい。 私は,低所得者の債務整理は,原則として,着手金0円でやっています。

トップページへ戻る

  着手金0円で,債務整理又は自己破産