トップページへ戻る
日記10年03月
日記10年05月
2010年4月30日(金)

長谷川穂積の敗戦は衝撃的でした。
相手は,WBOの3階級王者だとしても。
事務所でみんなでピザを食べながら見ようとしていたのですが,
ピザが来る前にやられてしまいました。
数十年に一人というエース中のエースが,4回KO負けという,
これが,日本の真の姿です。
バンクーバー五輪で金0という結果より,
南アW杯で3連敗予選リーグ敗退という未来予想図より,残念な現実です。
長谷川ならやってくれると思っていたのですが。

2010年4月29日(木)

昨夜は,朝5時近くまで仕事していました。
始発を待とうかとも思ったのですが,眠くて早く帰りたかったので,
タクシーを拾いました。
タクシーがあまりにも高速で怖かったですが,30分程度で着きました。
今朝は,10時に起きて,出所しました。
何も考えず,不平を言わず,山積した仕事を片付けていこうという決意です。
多くの仲間がいて,多くの依頼者がいて,多くの仕事があるのは幸せなことです。

2010年4月28日(水)

昨日,改正刑事訴訟法が成立し,即日施行されました。
これにより,殺人,強盗殺人,強盗強姦致死等の時効が廃止され,
95年4月28日0時以降の該当犯罪について,
永久に時効が成立しないことになりました。
その是非はともかく,あまりに急激な変化にとまどってしまいます。
もちろん,罪のない被害者の気持ちを考えれば望ましいことですが,
死刑肯定,厳罰主義の傾向が強過ぎて,空怖ろしくなります。

2010年4月27日(火)

2年以上前から裁判所に係属していた事件で,和解が成立しました。
つい最近まで判決を取るという方向で動いていたのに,
急転直下,和解が成立することになりました。
皆,安堵している雰囲気がありましたが,日本の裁判は時間がかかりすぎます。
夕方,借金と自殺の問題に取り組んでいらっしゃる吉田猫次郎氏にお会いしました。
貴重なお話をお聞きして,何かを始めようという
気持ちが重要だということを,再確認しました。
夜,矯正歯科に1年半振りに行き,無沙汰(というか,ルーズさ)を詫び,
ようやくインプラントを始めるつもりと説明しました。

2010年4月26日(月)

法律,英語,中国語,経済その他,勉強したいことは山のようにあります。
HPを作ったり,本を書いたり,記事を書いたり,
やりたいこと,挑戦したいことも沢山あります。
会ってみたい人,話してみたい人も沢山います。
あまり,悩んでも仕方がありません。
結果や批判を気にしても仕方がありません。
前に進めるだけ前に進もうと思っています。
そういう生き方しかできないことは,よく分かっていますから。

2010年4月25日(日)

歯列の右下奥に,歯が抜けた大穴があって,
インプラント歯科に行く必要があったのですが,
ひょんなことからようやく行ってきました。
そして,インプラントをする決意をしました。
何となく怖いという気持ちと忙しさから,
1年以上も,ほったらかしにしていたのです。

2010年4月24日(土)

劇団四季の「アイーダ」を観ました。
悩みや迷いもあり,疲れ気味だったせいか,心に染みました。
音楽,芝居,ダンス(,ルックス,スタイル)等々,
様々な要素があるのでしょうが,私にとっては,ストーリーが重要です。
結末を知らなかったので,悲劇的な最期に驚きました。
ライオン・キングのストーリーなどが,私は好きです。

2010年4月23日(金)

やるべきことが山のようにあって,朝4時まで仕事してしまいました。
夜タクシーで帰るのは,電車で帰るよりも早いかもしれません。
完全にオーバーワークになっていると思いますが,
遊ぶときは遊んでいるので仕方がありません。
やりたいことをやりたいようにやっているので,
グチを言う資格はありません。
ただ,ポックリ逝くのだけは避けたいと思っています。

2010年4月22日(木)

新しい首相が誕生すると最初はそれなりに期待するけれど,
半年もしないうちに失望が期待を大きく上回り,支持率が急降下。
そんなことをもう何年も繰り返している気がします。
なかなか本当のリーダーが出てこないという傾向があります。
この国はどうなっていくのか,不安になります。

2010年4月21日(水)

名人戦第2局で,羽生三冠は三浦弘行九段に勝ち,2連勝となりました。
普段なら安心して見られるところなのですが,昨年,渡辺竜王との対戦で,
3連勝後に4連敗を喫して,竜王奪取に失敗しているのでそうもいきません。
本人も緩めるつもりは全くないでしょうけれど。

2010年4月20日(火)

バラク・オバマが,子供達に語りかけるというCDを聴きましたが,
マイケル・ジョーダンは,高校のときチームに選ばれなかったし,
何百試合も負けたし,何千本というシュートをミスしたけれど,
努力し続けたから成功したという話は,いかにもアメリカ的だと感じました。
父親が去り,働いていた母親は,仕事の前にオバマを朝4時半に起こして,
勉強させたという話も印象的でした。

2010年4月19日(月)

朝5時に起きて仙台に向かい,仙台支部の弁護士と共に,
仙台最大と言われる官澤総合法律事務所の見学に行きました。
豪華な設備に圧倒されましたが,豪華さの中に,
官澤先生の,弁護士・スタッフへの愛情が感じられました。
家から仙台への往復で,1Q84Book3を読み終えました。
村上春樹の文章を読める我々は,幸せな時代に生まれたのだと痛感しました。

2010年4月18日(日)

副島隆彦氏の「世界権力者人物図鑑 世界と日本を動かす本当の支配者達」
を読みました。
全てが正しいわけではないのでしょうが,一つの視点として,
非常に面白いと感じました。
しかし,この国(日本)はどうなっていくのだろうかと不安になりました。

2010年4月17日(土)

初日のレストランで忘れていたコートを回収し,
ドタバタの中国旅行から帰途に着きました。
お土産を買う心の余裕はまるでなく,
しかし,中国のパワーに大いに刺激を受けて,
新宿の事務所に戻りました。
大都市にはその国の10%程の人口が集まっている。
日本は東京に1300万人,米国はNYとロスに3000万人,
その割合からすると上海の人口は,1億人になるかもしれない
という衝撃的な話が耳にこびりついています。
上海はまだまだバブルではないという仮説です。

2010年4月16日(金)

中国では,何と言ったら良いのか分からない,
パワーやエネルギーや生命力を感じ続けていました。
上海で働く日本人や中国人のお話を聞いて,強い刺激を受けました。
そして,2日目の夜には,スーツケースが戻ってきました。
ガイドの超さんが,ラジオで呼びかけるなどしてくれたのです。
三国志や論語で親しみ,元々好きだった中国ですが,
スーツケースが戻ってきたことで,中国への思いは揺るぎないものになりました。

2010年4月15日(木)

生まれて初めて中国に行く旅で,羽田から上海への飛行機の前の席には,
旅人の中田英寿が座っていました。
声をかけることはできませんでしたが,
中国と中田に興奮したまま,上海虹橋空港からタクシーに乗り,
ホテルに着いたとき,トランクにスーツケースを置き忘れてしまいました。
領収書ももらわなかったので,諦めるしかありません。
中国人13億人に聞いてまわる訳にはいきませんから。

2010年4月14日(水)

自殺者は月曜日に多いという数字を聞きました。
仕事に行きたくないという思いからだったり,
仕事がないことの絶望からだったりするのかもしれません。
日本で自殺が多いのは,自殺者に寛容だからかもしれないと思います。
自殺した人を責めず,同情する文化があると感じます。
それはそれで良いと思います。
それがなくなったら,あまりにも殺伐としてしまいます。
しかし,死ぬ前に労ったり,同情したりできると良いのにと思います。
誰かに死なれてしまうのは辛いことですから。

2010年4月13日(火)

ロスで,米国弁護士として勤務している同期の弁護士と電話で話しました。
米国に留学して,勉強する内に,日本でなく米国で働きたいと思ったそうです。
ただ単に米国弁護士の資格を取るだけでなく,
そこで働き続けるという勇気に敬意を表したいです。
国内でも,国外でも,頑張っている仲間達がいます。
我々も最善を尽くさなければならないと思います。

2010年4月12日(月)

サラ金業者の体力が低下していて,過払いに対する対応も様々です。
訴訟前に和解が成立する業者,
訴訟しないと和解が成立しない業者,
判決が出ないと支払ってこない業者,
判決が確定しても支払ってこない業者etc.です。
過払いをいかに満額回収するかが問題になってきますし,
そこが,弁護士としての腕の見せ所になってきます。

2010年4月11日(日)

チャレンジマッチ(県代表順位決定戦)は,高知が岡豊に勝ちました。
総合力の高知が,投手力の岡豊に上回った形です。
これで,高知が1位で,岡豊が2位で,春季四国大会に進みます。
夏の優勝候補もその順番で,明徳は3番手といったところです。
夏の甲子園で暴れ回ってくれるチームに,代表になって欲しいものです。
近年の高知県勢(主として高知)の低迷振りには,皆イライラしています。
高知 010 000 010 = 2
岡豊 000 000 000 = 0
[高]谷川−山崎智
[岡]田内−下坂

2010年4月10日(土)

生まれて初めて,歌舞伎を見に行きました。
市川右近らが出ている,スーパー歌舞伎の「四谷怪談忠臣蔵」でした。
宝塚とは逆に,男性ばかりなわけですが,
こういうものなんだと,強い刺激を受けました。
色々なことを知りたいという気持ちになりました。

2010年4月9日(金)

名人戦の第1局は,羽生善治三冠が三浦弘行九段を下して,
まずは先手を取りました。
3月に王将位を久保棋王に奪われていて心配していたのですが,
少し,ホッとしました。
ただ,棋譜を確認したりする時間は全く取れません。
勝敗の結果を確認しているだけです。

2010年4月8日(木)

事務所の弁護士達で,子供を出産した弁護士のお見舞いに行きました。
いつでもそうですが,赤子を抱く母親は,神々しく見えるものです。
また,今までよりも,一層たくましくなったように感じられました。
夜,司法修習所で共に学んだ同期の弁護士のお通夜に行きました。
過労が原因だったと聞いて,空恐ろしくなりました。
残された家族のことを思い,いたたまれなくなりました。
命の誕生と,突然の死に直面し,色々なことを考えさせられましたが,
可能な限り,生きていたいと思いました。

2010年4月7日(水)

オバマ大統領就任演説の下記部分に,共感しています。
多くの人がチャンスを手にし,意欲を持っているべきだと思うのです。
The success of our economy has always depended
not just on the size of our Gross Domestic Product,
but on the reach of our prosperity
on our ability to extend opportunity to every willing heart--
not out of charity but because it is the surest route to our common good.
我々の経済の成功は,単にGDPの規模だけでなく,繁栄の広がり,
意欲ある全ての人に機会を提供する能力にかかってきた。
そうするのは,慈悲としてではなく,共通の利益への最も確実な道だからだ。
(日経新聞訳)

2010年4月6日(火)

春季高知県大会決勝は,岡豊が高知商を7対1で下し,優勝。
センバツ帰りの高知と共に,四国大会出場を決めました。
岡豊には田内投手がいるのが大きいです。
しかし,夏は投手力だけでは勝ち抜けないので,
甲子園は難しいかもしれません。
明徳はさらに難しく,結局代表は高知かなと思います。
そして,甲子園では例年通り1回戦負けという,
高知県の高校野球ファンにとっては頭の痛くなる時代です。

2010年4月5日(月)

春季高知県大会準決勝で,明徳は岡豊に敗れました。
しかも,7回コールド負け。
どこまで弱くなるのかと,呆然としてしまいました。
県予選の準決勝でコールド負けとは,県内で無敵を誇った以前の勇姿からすると,
到底考えられません。
しかし,これが現実です。
ここから這い上がらなければなりません。
岡豊 003 600 0 = 9
明徳 000 020 0 = 2
[岡]田内−下坂
[明]尾松,岩元−先田

2010年4月4日(日)

昨夜,友人から子供が生まれたというメールをもらいました。
新しい人生が始まるという知らせに,ワクワクしてしまいます。
一方で,自らの生命を絶ってしまう人達も沢山います。
多くの場合,両親の祝福を受けて,生まれてきたであろうに。
笑ったことだって,楽しかったときだって,あったろうに。
親に抱かれて,幸せだったときだって,あったろうに。
もうダメだ,生きていられない,死のうと思ったときには,
自分が生まれてきたときのことを思い浮かべて欲しいと思います。

2010年4月3日(土)

センバツは,興南が日大三に10−5で勝ち,優勝しました。
日大三は,広陵に14−1で勝ち,準優勝でした。
広陵は,中京大中京に5−1で勝ち,ベスト4でした。
中京大中京は,神港学園に2−1で勝ち,ベスト8でした。
神港学園は,高知に6−5で勝ち,初戦突破しました。
高知は,いわゆる逆トーナメントを制覇してしまいました。
こんなはずではなかったのですが。

2010年4月2日(金)

弁護士ドットコムの評価が高いということで,
口コミで評判の弁護士という取材を受けました。
他の弁護士より優れているなどとは思わないのですが,
弁護士は選ぶ側ではなく,選ばれる側であるという意識はあります。
弁護士が依頼者を選ぶのではなく,依頼者は弁護士を選ぶ時代です。
あとは,お互いに良い関係を築きたいと願うだけです。

2010年4月1日(木)

今月,上海に行くことになったので,急遽,中国語の勉強を始めました。
こういう機会でないと,勉強する気にならないと思ったからです。
四声がある訳ですが,歌の場合はどうなっているのかと疑問です。
論語や出師表,史記項羽本紀を聴けるようになったら,
痺れると思うのですが,それはずっと先の話です。