トップページへ戻る
日記10年05月
日記10年07月
2010年6月30日(水)

6月も終わり,今年も半分が過ぎました。
時間の流れが,段々早くなっていると感じています。
今年は39歳になる年ですが,「サンキュー」という気持ちを持ち続けて,
前に進み続けたいと思っています。
5年後,44歳になる年には,
「シェーシェー」という気持ちを持ち続けていたいものです。

2010年6月29日(火)

決勝リーグ1回戦のパラグアイ戦で,日本はよく戦いました。
しかし,延長の後のPK戦は,3−5で敗れました。
パラグアイよりも,日本の方が,少しだけ消耗していたかもしれません。
120分間,必死で走り続けた結果だから仕方がないでしょう。
しかし,次にこういうチャンスが来るだろうか,
来るとして,いつ来るのだろうかと考えると,
違う戦い方ができなかっただろうかと思ってしまいます。
歴史を作るのは大変なことですが。
今は,祭りが終わってしまった淋しさがあります。

2010年6月28日(月)

当事務所では,債務整理,離婚,相続,交通事故,労働事件,消費者事件,
企業法務,刑事事件,被害者側,セクハラ・DV,医療過誤,著作権等,
様々な事件を取り扱っています。
多種多様な事件を扱い,支部を増やして,地域を広げていく,
そうして,できるだけ多くの方の依頼を受けられる体制を作っています。
信念を持って進み続ければ,受け入れられるようになると信じています。

2010年6月27日(日)

昨日,3キロと5キロ走り,今日は3キロ走ってきました。
腰痛が和らいできて,おそるおそる走り始めました。
仕事のことを忘れて,走っているのは,幸せな時間です。
考えること,走ること,書くこと,
我々のすべきことは,そんなシンプルなことではないかと思っています。

2010年6月26日(土)

韓国は,ウルグアイとの1回戦で,よく追い付きましたが,
最後に力尽き,1対2で敗れました。
北朝鮮とオーストラリアは予選敗退で,韓国が本戦1回戦で敗れ,
アジアは,日本を残すのみです。
南米5チームは,全て予選を通過し,ウルグアイは本戦の初戦を突破し,
昨日,チリがスペインに敗れるまで無敗という圧倒的な強さです。
アジアと世界の差は何なのだろうかと思いました。
棋聖戦第3局は,羽生三冠が深浦王位に勝ち,3連勝で防衛しました。
羽生三冠は,名人戦を4連勝,棋聖戦を3連勝と,好調を維持しています。

2010年6月25日(金)

朝から,日本全体が満足そうで,誇らしげな雰囲気でした。
また,歩いている人達の中には,眠そうな人が多かったです。
戦前の成績や前評判と比べて,予想外の快進撃は非常に痛快です。
今後もきちんと守る戦い方を続けて欲しいものです。
自分達の弱さを認めることは,孫子の兵法の第一歩です。
「彼ヲ知リ己レヲ知レバ,百戦シテ危ウカラズ。
彼ヲ知ラズシテ己ヲ知レバ,一勝一負ス。
彼ヲ知ラズ己レヲ知ラザレバ,戦ウゴトニ必ず危ウシ。」

2010年6月24日(木)

南アフリカW杯予選リーグ第3戦で,日本は日本とは思えない戦い方で,
デンマークを3−1で下しました。
朝3時23分まで仕事して,キックオフから見始めて,
4時頃,本田のフリーキックで,絶叫してしまいました。
本田が蹴ると見せかけての遠藤のフリーキックも,
焦って前のめりになるデンマークをあざ笑うような最後の3点目も,
今までの日本チームとはまるで別人のようでした。
カメルーン戦,オランダ戦ときちんと守った成果なのでしょうが,
自信を持った戦い方に見えました。
この後は大変だと思いますが,楽しみが伸びて良かったです。

2010年6月23日(水)

朝起きると,猛烈に腰が痛くて,立ち上がれませんでした。
近くの整骨院に這うようにして行き,マッサージをしてもらい,
何とか,動けるようになりました。
骨が曲がっていると言われたのですが,どうしたら良いのでしょうか。
体力が落ちていることも要因と思われるので,
ランニングは続けるつもりです。

2010年6月22日(火)

韓国がナイジェリアと引き分けて,予選リーグ突破を決めました。
ナイジェリアに負けたらアウトだった訳ですから,大したものです。
アルゼンチンにも向かっていった強い姿勢が好結果を生みました。
朝3時半に始まって5時半に終わる試合で,40万人が,
大騒ぎしているというのですから,やはり韓国おそるべしです。
しかし,日本は,デンマーク戦で,きっちり守る戦いをして欲しいです。

2010年6月21日(月)

振込は,みずほ銀行のインターネットバンクを使用していますが,
振込金額が3万円未満の場合,手数料が105円で,
3万円以上の場合,手数料が315円になっています。
(ですから,4万円を振り込む場合,2回に分けた方が安上がりです。)
窓口の場合,手数料が840円かかってしまいます(みずほ以外の場合)。
みずほ銀行に,インターネットで振り込む場合は,手数料が0円で,
窓口の場合は,手数料が525円になっています。
インターネットで振り込める金額の合計は500万円なので,
1日の枠をうまく工夫しながら,対応しています。

2010年6月20日(日)

今後,産休に入る予定の弁護士,産休から復帰する弁護士,
福岡支部に行く弁護士等がいる関係で,
弁護士・事務員のグループ分けを編成し直しました。
弁護士20名,事務員約20名で,役割分担をして,
うまくコミュニケーションを取って,やっていきたいものです。
サッカー日本代表のように,チームとして機能することが重要です。
依頼者との1対1の能力を高めて欲しいと,
各弁護士には言い続けていますが。

2010年6月19日(土)

W杯予選第2戦で,日本は,オランダに,0対1で敗退しました。
これは,全くの想定内で,むしろ良い負け方でした。
韓国がアルゼンチンに1−4で敗れたような試合だけは,
オーストラリアがドイツに0−4で敗れたような試合だけは,
北朝鮮がポルトガルに0−7で敗れたような試合だけは,
避けて欲しいところでした。
これでデンマーク戦は同点でも良いという状況になりました。
ここまできたら,初戦の本田の虎の子の1点を守って,
1−0,0−1,0−0で予選突破して欲しいものです。
90分守りきるというのは難しいことですが。

2010年6月18日(金)

LAレイカーズが,ファイナル第7戦で,ボストンに勝利しました。
LAレイカーズはボストンと2年前のファイナルも戦っていますが,
87年の対決が印象的です。
LAには,マジック,ジャバー,ウォージーがいて,
ボストンには,バードがいました。
私は,88年からTV東京で,NBAを観て,印象的なシーズンでした。
シカゴのオールスターで,ジョーダンが40点取って,MVPになり,
ファイナルは,デトロイト相手に,レイカーズが,2勝3敗から,
LAで盛り返して,バックトゥーバック(連覇)を果たしました。
もう22年の前の話です。
今日の阪神対横浜戦のチケットを頂いて,見に行くつもりでしたが,
雨で中止になってしまい,残念です。

2010年6月17日(木)

自殺相談の電話があり,長時間,話を聞きました。
生きる希望を見出せないということだったので,
例えば,サッカー日本代表を見て,勇気付けられたりしないか
というような話もしてみました。
韓国はアルゼンチンに真っ向勝負を挑んで,1対4で敗退しました。
前半終了間際に,アジアの虎の意地は見せましたが,
弱者は弱者なりの戦い方があるのではという感想です。
日本は,オランダに対して,できれば0−0で終わりたいですが,
うまくいかなくても0−1でも良いという姿勢,
0−2になったとしても冷静さを失わないで欲しいものです。
トーナメントではなく,3試合の結果で決まるわけですから。

2010年6月16日(水)

近くのイタリアンでランチを食べましたが,
スペシャルカルボナーラは絶品でした。
カルボナーラはありふれたメニューですが,水っぽかったり,
パサパサだったりで,失望させられることが多いと感じています。
しかし,今日のカルボナーラは素晴らしかったです。
普段から量が多い店なのですが,大盛にしなかったことを後悔しました。
お腹が痛くなるくらい,堪能したかったです。

2010年6月15日(火)

過労死の認定訴訟で,アダルトサイトの画像を証拠提出していた
被告の国側が,立証について撤回する方針にしたと聞きました。
出張の宿泊先で業務用パソコンからアダルトサイトに接続していた
という主張ですが,これはルール違反というべきです。
アダルトサイトを見るかどうかと,過労死かどうかは関係がありません。
死者の名誉と遺族の心情を考慮してもらわないと困ります。

2010年6月14日(月)

W杯予選リーグの日本対カメルーン戦は,信じられない展開で,
これしかないという戦い方で,日本が1−0で勝利しました。
カメルーンが日本を甘く見て,調整・集中できていない印象でした。
よく1点を取って,よく相手の攻撃を0点に抑えました。
ドイツW杯のように,1対0でリードしていて,勝利が見えてきたときに,
3点くらい立て続けに入れられることを怖れましたが,杞憂に終わりました。
自分たちの弱さを認めて謙虚な闘いをした結果だと思います。
これで予選リーグを突破できるほど甘くはないですが,
デンマーク戦まで,絶望的な状況にならないのは良かったです。
「予選リーグ最終ブラジル戦に,3点差以上付けて勝てば予選突破」
みたいな試合は見る気も失せるというものですから。

2010年6月13日(日)

病気の父親を殺害したとして,承諾殺人容疑で逮捕された17歳の少年が,
「父親は自分でポリ袋をかぶって死のうとしたが死にきれず,
『殺してくれ』と頼まれた」と供述していると聞きました。
近所の人の話では,「少年は小学校のころ,毎日のように,
父親と公園でキックボクシングの練習をしていた。
母親の存命中は一緒に出かけ,仲の良い家族という印象だった。」とのこと。
承諾殺人は自殺に近く,防ぐことができなかっただろうかと思います。

2010年6月12日(土)

政府の「自殺対策白書」は,行政や保健医療機関,地域住民が連携し,
地域の実情に合った「自殺対策プログラム」の必要性を強調しているそうです。
確かに精神科医との連携は重要かもしれませんが,
自殺の原因となる問題の解決には,弁護士の関与が不可欠です。
借金,離婚,失業,事故その他のトラブルについてです。
そういったことを伝えていきたく,また役割を果たしたいのですが,
どのように進めていったら良いのかが分からず,もどかしく感じます。

2010年6月11日(金)

ANAで,札幌出張に行ったところ,怖ろしく遅延して,
しかも,飲物が有料になっていてビックリしました。
200円でコーヒーを頼んだら,ネクタイにかけてしまって,
踏んだり蹴ったりでした。
帰りは,空港でラーメンを食べて,離陸した瞬間に寝ました。
飲物を受け取ることを考えなくて良いのは楽かもしれません。

2010年6月10日(木)

ノドの痛みを感じていますが,風邪のひき始めと思われます。
いつも同じ症状ですが,無理をしているせいなのでしょう。
体調がおかしくなるほど仕事をしなければ良いのですが,
やるべきことが沢山あると,なかなかセーブできません。
体調が悪くなるのは腹立たしいのですが,
体調が悪くならなかったら,死ぬまでやってしまうでしょうから,
風邪は,もう休みなさいというありがたいサインだと考えています。

2010年6月9日(水)

W杯の日本代表については,全く期待していません。
3連敗の可能性が非常に高く,マスコミも諦めムードです。
五輪やW杯で,力がないのに,勝つかもしれないと煽って,
視聴率を高めるのは止めて欲しいものです。
負けるべくして負けるだけのことです。
我々とは関係のない世界のことと考えれば良いだけです。

2010年6月8日(火)

羽生善治三冠(名人・王座・棋聖)が,深浦康市王位の挑戦を受けている
棋聖戦第1局は,羽生三冠が快勝しました。
3月に王将位を久保棋王に奪われ,心配しましたが,
名人位を4連勝で防衛し,棋聖戦も第1局を制し,調子は悪くなさそうです。
勝負師が勝ち続けるのは大変なことです。

2010年6月7日(月)

ランチは,沖縄料理の坦々麺+ディーダカレーセットでした。
よく考えると,昨夜もカレーだったのですが,
よく考える前に,注文していました。
カレーが被るのはやむを得ないと思っています。
イチローも毎朝カレーを食べているという話ですし。

2010年6月6日(日)

様々な事件についての情報を共有するために,
事務所内ではメーリングリスト(ML)を組んでいるのですが,
1日に100通以上のメールが,MLで受信されるので,
各自のパソコンにトラブルが生じかねません。
フォルダを細かくすべきだったのですが,時期を逸してしまい,
6月末までは,単一のフォルダで我慢することにしました。
約2万通のメールが一つのフォルダに保存されることになり,
必要なメールを検索するのに,時間がかかってしまいます。

2010年6月5日(土)

江戸東京博物館で,「特別展龍馬伝」を見てきました。
6日で終了ということもあり,激しい混みようで驚きました。
坂本龍馬が日本人にいかに愛されているかを思い知りました。
「龍馬がお龍に贈ったといわれている帯留」は,
祖母から叔母に伝わったもので,今回の出品に協力したものでした。
ところどころ,龍をあしらっているという解説(香川照之)でした。

2010年6月4日(金)

菅直人が民主党の総裁になり,首相になりました。
小泉,安倍,福田,麻生,鳩山と5代続いた二世内閣が終わり,
どのように変わってくれるのか,期待したいところです。
米国でバラク・オバマが大統領になり,日本で民主党が選挙に勝ち,
菅直人が首相になる,そういう時代なのでしょうか。
自分でものを考えて,理想を忘れずに,動いて欲しいものです。

2010年6月3日(木)

3年前の秋から依頼を受けていた件がようやく終了し,
依頼者が来所されました。
日本の民事訴訟は時間がかかりすぎるという話をしましたが,
全員,ホッとしたという気分でした。
事件が面倒だったり,時間がかかったりすると,
その分,終わったときの安堵感は大きいと言えるかもしれません。

2010年6月2日(水)

鳩山首相が辞意を表明したことは大きなニュースなのですが,
我々にとっては,横浜で,弁護士が刺殺されたことは衝撃的でした。
離婚事件の絡みという話が伝わってきますが,どうなのでしょうか。
依頼者の盾(身代わり)になって,相手方の感情を一身に引き受けたわけで,
名誉の殉職を遂げたという印象です。
我々は,人間の感情を扱っているので,何が起きるか分かりません。
義を見てせざるは勇なきなりと言うように,
死の恐怖がいつも傍にあるとしても,闘い続けなければなりません。

2010年6月1日(火)

ランチは,近所のラーメン屋で,オロチョン(中辛)を食べました。
もう相当長い間,そのお店ではオロチョンしか食べていないという記憶です。
弁護士の中には,ラーメン派とアンチラーメン派が一人ずついて,
多くの弁護士が,実はラーメンを敬遠していると,
アンチラーメン派は主張するのですが,本当でしょうか。
私自身は,ラーメン派なのですが。