2006年2月28日(火)

午後4時に千葉地裁館山支部に行って来ました。
2時間に1本しか特急が走っていないので,
期日がどの時間であっても,2時間は館山にいないといけません。
しかし,特急に乗って,何も考えずにいるというのは,実は好きな時間です。
破産申立後に代理人が死亡してしまった事件を引き継いでいるのですが,
東京地裁で申し立てて欲しかったと何度も思いました。
現在では,どのような住所の債務者であっても,
東京地裁で自己破産の申立ができますので。
そして,東京地裁の方が何かと簡略ですので。

2006年2月27日(月)

自明のことですが,2月は短いので,あっという間に終わってしまう気がします。
今年ももう2ヶ月経ったのかと思います。
年々,時間のスピードが増していくように感じられて,戸惑ってしまいます。

2006年2月26日(日)

町田市長選挙がありました。
昨年7月末に町田市から川崎市に転居したのですが,
昨年10月の川崎市長選挙にも,今日の町田市長選挙にも,
投票できず,損をした気分になりました。
3ヶ月以前から住民でないといけないということです。

2006年2月25日(土)

TVはずっと荒川一色ですが,それも仕方のないことだと思います。
みんな,フラストレーションがたまっていたのでしょうから。
戦争の代償行為と誰かが言っていましたが,
スポーツの持つ意味は大きいと思います。

2006年2月24日(金)

荒川静香選手の金メダルをリアルタイムで見られて幸せでした。
素晴らしいだけでなく,素敵だったので,日本人として誇りに思いました。
メダル1個という結果は残念ですが,ゼロかもしれないと思っていたところへ,
金メダルでしかも女子フィギアだったので,お釣りが来るくらいです。

2006年2月23日(木)

福岡地裁と京都地裁の事件で,電話会議(弁論準備)がありました。
この他,現在,神戸地裁,福岡地裁小倉支部及び宇都宮地裁栃木支部で,
電話会議となっている事件を抱えています。
ちょっと前まで,新潟地裁と松山地裁もありました。
遠方の裁判所に行かないで済むので,
電話会議というのは便利なものだとつくづく思います。
これがない時代はどうしていたのでしょうか。

2006年2月22日(水)

労働委員会の期日があったのですが,
証人尋問の日程及び時間を決めるのに(証人尋問自体ではなく),
1時間40分もかかってしまいました。
その後の予定は全てキャンセルになってしまいました。

2006年2月21日(火)

トリノ五輪で,日本人選手は負け続けていますが,
もともとこの程度の実力だったのでしょう。
視聴率を稼ぐためか,マスコミが煽りすぎるから失望するので,
最初から期待しすぎるのは止めて欲しいものです。
サッカーW杯だって,予選落ちの確率が一番高いのでしょうし。
しかし,野球のWBCには期待しています。
3連勝で予選突破は当然のノルマです。

2006年2月20日(月)

任意整理の終了した依頼者から,
また,ヤミ金から借入をしてしまったので何とかして欲しいという連絡がありました。
仕方がないので,ヤミ金に連絡して,請求を止めたのですが,
何度も同じことをされると空しくなります。
ヤミ金から借りるのだけは止めて欲しいものです。
そもそも,弁護士に依頼した後は,借金自体を止めなくてはいけません。

2006年2月19日(日)

本当に久しぶりに,土日連続で休みました。
仕事はたまっているのですが,
勇気を持って(というか,無謀にも),休んでしまいました。
また明日からしっかりやればいいさと,自分には言い聞かせました。
ランニングもしてきて,気分転換ができました。

2006年2月18日(土)

久しぶりに土曜日に出勤しませんでした。
たまには,休むのも大事なことだと思います。

2006年2月17日(金)

毎月一回,矯正歯科に通っていて,矯正装置を直したりしていますが,
今日は,その間,施術台の上で寝てしまいました。
疲労がたまっていたのですが,
どこでも,短い時間でも,すぐ眠れるという特技があります。
以前は不眠で悩むこともあったのですが,最近はほとんどありません。
昔のような神経の鋭敏さはなくなった気がします。

2006年2月16日(木)

過払金請求の訴状をいくつか作っています。
全部まとめて一つの訴状でも良いのですが,
裁判所が嫌がりますし,期日を入れるのが大変で,なかなか進まないので,
最近はいくつかの被告ごとに分けて作成しています。
来週,4つ程まとめて提訴する予定です。

2006年2月15日(水)

被告の代理人となっている事件で,地裁の判決言渡しがあり,
判決の内容を,裁判所に電話で問い合わせたところ,書記官が,
「被告は原告に対し,金●千万円及び平成●年●月●日から支払済みまで・・・」
と言い出したので,負けたのかぁと思ったら,
「あ,これは請求の趣旨だ。判決は請求棄却です。」
と言われて,ビックリしましたが,ホッとしました。
しかし,書記官が,判決と請求の趣旨を混同するとはどういうことかと思いました。

2006年2月14日(火)

予想通り,チョコレートは義理チョコのみでしたが,
それでも,チョコレートをもらうのは嬉しいものです。
誰が作ったのか知りませんが,いい習慣だと思います。
仕事が一段落して,コーヒーとチョコレートで休憩。
その一時がとても好きなのです。

2006年2月13日(月)

赤ワインを好きになりかけています。
と言っても,少し飲むとすぐに赤くなってしまいますし,
ワインの知識は全くないので情けないのですが。
少し,勉強しなければいけないと思っています。

2006年2月12日(日)

ロマンスカーに接続する電車が遅れて大変でした。
結局間に合ったのですが,電車が遅れると慌ててしまいます。
それだけ,日本の電車は普段,時間通りに動いているということでしょうけれど。

2006年2月11日(土)

HPを見て,当事務所に電話をしてくる方が増えてきています。
これは,非常にありがたいことです。
いつでも力になれるとは限りませんが,
全く縁のなかった方の力になれることもありますし,
そういう方に感謝してもらえるのは嬉しいことです。

2006年2月10日(金)

判例研究会がありました。
最高裁判例は,債務者が時効完成後に債務の承認をすると,
信義則上時効の援用はできないとしています(最高裁昭和41年4月20日)が,
最後の支払から16年後に,債務者が5千円を1回だけ支払ったときに,
時効の援用を認める判例がありました。
(福岡地裁平成14年9月9日,判例タイムズ bP152 229頁)
こういう判例は非常に力になります。
債権者が債務者にむりやり承認させるというケースはよくありますから。

2006年2月9日(木)

来客の予定がインフルエンザでキャンセルになりました。
今は結構流行っているようです。
とにかく,健康でいたいものです。
身体を壊すと,全然仕事は出来ませんし,
なにもかもうまくいかないですから。
仕事が山積していてもムリは禁物です。

2006年2月8日(水)

ちょっと前に,明徳義塾高校の野球部員が万引事件を起こして,
対外試合禁止期間が1か月延長されたというニュースがありました。
残念として言いようがないのですが,
反省すべき点は反省して,夏は何とか頑張って欲しいものです。
高知県の代表は出ませんし,今年のセンバツはほとんど興味がありません。
不思議なことに,昔から,神奈川県・東京都・千葉県の代表より,
高知県の代表を応援してしまうのです。
それも,昔は高知商,今は明徳義塾を。
父親の母校の土佐高にも頑張って欲しいですけど。

2006年2月7日(火)

事務所の近くにあるパク森カレーを食べてきました。
ドライカレーに,ルーがかかっていて,
1粒で2度おいしい感じで,お腹一杯になりました。
ときどき,無性にカレーが食べたくなります。

2006年2月6日(月)

サラ金のア●●等に対する過払金の返還請求訴訟を提起しました。
依頼者の1人のア●●との最終取引日が平成8年2月8日で,
(平成18年)2月8日に時効が成立してしまうので,
それまでに提訴する必要がありました。
もちろん,先週2月3日に,内容証明郵便で,
催告(民法153条)はしておいたので,半年間の猶予はありましたが,
やはり2月8日までに提訴したかったのです。
弁護士として,時効と上訴期限のことはいつも気にかけています。

2006年2月5日(日)

週1日しか,休みがないと,
休日はボーっとしたまま終わってしまいます。
何もしないままに終わってしまいます。
別に,それでいいのですが。

2006年2月4日(土)

土曜は仕事に出て,日曜は休むということが多いのですが,
できるだけ,土曜も休めるようにしたいものです。
少なくとも,月1回くらい,土日の両方を休みたいと思います。
仕事ばかりが人生ではないので。
仕事は面白いので,ついつい夢中になってしまうのですが。

2006年2月3日(金)

証人尋問(原告本人尋問の主尋問)がありました。
相手方からしつこい反対尋問を受けていましたが,
頭のいい依頼者で,ハキハキと的確に答えていたと思います。
証人尋問が終わると,最終準備書面を書くだけで,
あとは,裁判官のご判断次第です。

2006年2月2日(木)

離婚事件が1件解決しました。
妻側でしたが,相手方が比較的渋い人でなかなか大変でした。
もう少し男の甲斐性を見せて欲しかったのですが,
離婚する夫に甲斐性を求めるのはナンセンスなのかもしれません。

2006年2月1日(水)

2月1日というと,中学受験のことを思い出します。
22年前は大雪でした。
母と弟と,前日から,東京の旅館に泊まりました。
司法試験以降は,もう試験は結構ですという気分です。
そんな気分だったので,二回試験(司法研修所の卒業試験)は大変でした。

トップページへ戻る
日記06年1月

日記06年3月