トップページへ戻る
日記10年12月
日記11年02月
2011年1月31日(月)

小沢一郎が,強制起訴されました。
検察官が有罪にできると自信を持って起訴する場合とは違いますが,
検察審査会を通して反映された民意ではあります。
今後,どのようになっていくのでしょうか。
また,民主党はどうなっていくのでしょうか。

2011年1月30日(日)

朝,体重を測ると,76.7キロでした。
76などという数字は,本当に久しぶりで驚きました。
体重を気にする自分というのは,女々しくて嫌なのですが,
むしろ,そういう体重であることが問題なので,
現実(の体重)にきちんと向き合おうと決意しました。
あまり急速に落とすと,リバウンドや健康面が心配ですが。

2011年1月29日(土)

セキがどうしても止まないので,再度病院に行き,
もう少し強い薬をもらってきました。
薬なしで治すことができず,自然治癒力が落ちていると痛感します。
アジアカップの決勝戦は,延長戦後半,長友→李忠成の美しいボレーで,
日本がオーストラリアに,1対0で勝利しました。
現時点で最高の結果であることは疑いなく,素晴らしいことです。
ただ,2014年にさらに進化した姿を見せて欲しいものです。

2011年1月28日(金)

センバツの代表校が発表されました。
四国王者の明徳は文句なくセンバツされましたが,
四国3位の高知は選ばれませんでした。
中国・四国枠は合計5校で,21世紀枠で広島の総合技術となれば,
中国・四国の5校目は,高知の可能性もありましたが, 
逆に徳島の城南が21世紀枠に選ばれたので,
5校目に総合技術が選ばれました。
高知は,四国大会準決勝で,香川西に敗れたのが痛すぎます。
密かにアベック出場を期待していましたが,
明徳に頑張ってもらうしかありません。
夜,司法研修所のクラスメートのマンションのパーティールームに行き,
数人で,昔話・うわさ話などをしてきました。
卒業10周年記念で,9月に同期全員で熱海に集まるのが楽しみです。

2011年1月27日(木)

25日に,バラク・オバマの一般教書演説があり,
日本についての言及はなかったそうですが,
今のこの国の状態では,仕方のないところです。
日韓戦で,得点を挙げた韓国選手が,日本を揶揄して猿マネをしても,
仕方のないところかもしれません(随分とナメられたものですが)。
ところで,米国の方もどのようにしていくのか,見えてきません。
日本も米国も,同じような病いにかかっていて,
どうしたら治るのか分からないという状態のようです。

2011年1月26日(水)

昨日の昼は,近所のカレー屋で,欲張りカレー鍋を食べました。
沢山の野菜と卵とご飯がカレー鍋に入っていて,
ナンもついて,500円という安さです。
ダイエット中で,小さくなっている胃に丁度良く,
身体を温めて,免疫力を高めたいという希望も満たし,
なかなかありがたいメニューです。

2011年1月25日(火)

アジアカップ準決勝の日韓戦で,日本は韓国にPK戦で勝利しました。
延長後半終了間際に追いつかれて,いつものパターンかと思いましたが,
韓国は追いついたことにホッとして,PK戦の余力がなかったのに対し,
(韓国の闘志は無尽蔵だと思っていたのですが。)
日本は現実を受け入れ,気持ちを切り替えて,
PK戦で闘おうという意志が見られました。
今までの日本代表にはなかったことです。
このチームには,逆の意味で驚かされることが多いです。
5年半ぶりに韓国に勝ったことは,非常に大きいです。

2011年1月24日(月)

福岡伸一氏の「動的平衡」を読みました。
「生命とは動的な平衡状態にあるシステムである」と言われても,
なかなか難しいのですが,言いたいことは伝わるような気がします。
「アンチ・アンチ・エイジングこそが,
エイジングと共存する最も賢いあり方」というのも,分かる気がします。

2011年1月23日(日)

副島隆彦氏の「ドル亡き後の世界」を読みました。
少なくとも,今後,ドルが安く(円は高く)なっていくのは,
間違いないだろうと思いました。
小林よしのり氏編の「日本を貶めた10人の売国政治家」を読みました。
愛国と売国の難しさについて,考えました。
齋藤真嗣氏の「体温を上げると健康になる」を読みました。
風呂に入ったり,温かいものを飲んだり,厚着したりして,
身体を暖めるようにしようと決意しました。

2011年1月22日(土)

インフルエンザは治りましたが,まだセキが止まないので,
近くの病院に行ってきて,咳止めの薬をもらってきました。
武富士の創業者の大資産を香港に居住する息子が相続した件で,
昨日,上告審の弁論が開かれました。
弁論があるということは,高裁の結果が変わることが多く,
相続税がかからない結果になるのでしょうか。
そのような不正義は,受け入れがたいところですが。

2011年1月21日(金)

アジアカップの決勝トーナメント初戦(準々決勝)で,
日本はカタールに,3対2で逆転勝ちしました。
一人少なくなっての1点ビハインドから逆転するとは,
今までの日本代表らしからぬ闘いぶりでした。
期待させておいて,それを裏切るのが常だった代表は,
今後どのようなプレイを見せるのでしょうか。

2011年1月20日(木)

中国が,昨年のGDPで,日本を抜き世界2位になりました。
日本は世界3位に転落しました。
中国の躍進は,民主主義が経済的に合理的とは限らない
ということを証明したと言えるかもしれません。
昨年,上海に行ったとき,中国の方がそう言って胸を張っていました。
もちろん,だからといって,民主主義が悪いとは言えませんが。
日本については,世界からも終わった国のように見なされて,
このままで良いのでしょうか。

2011年1月19日(水)

離婚事件において,離婚すべきか,修復すべきかというテーマに,
頭を悩ませることがあります。
ただ,離婚すべきか否かだけが答えではないと感じることが多いです。
離婚する場合でも幸せになる方法があり,
離婚しない場合でも幸せになる方法があるはずです。
要は,幸せになるか否かは自分次第で,我々弁護士は,
その答えを見付けるお手伝いをする立場にあります。

2011年1月18日(火)

15年連続で自殺率が最も高いとされていた秋田県で,
2010年の自殺者数が,前年よりも70人減って,
368人になり,13年ぶりに400人を切ったそうです。
自殺予防に,高い意識を持って取り組んでいる結果なのでしょう。
我々もできることをやっていく必要があります。

2011年1月17日(月)

インフルエンザの熱は昨日のうちに下がりましたが,
感染を避けるために,出所せず,休養に努めました。
「シングルで再出発」という離婚報告ハガキが発売されたそうですが,
ある弁護士の年賀状に,「シングルライフを楽しんでいます。」とあって,
その後に,「あれは誤植で,正しくは,シンプルライフです。」
という訂正のハガキが来たことがありました。
全員に出し直したのでしょうが,あまりにも重大なミスプリントです。

2011年1月16日(日)

長野県で,高校1年の男子生徒が自殺したことに関し,
当時の校長を,殺人容疑で告訴したことについて,
14日に長野地裁上田支部は,生徒の母親と代理人の弁護士に対して,
165万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を命じる判決を下しました。
校長にも責任はあるだろうし,母親と弁護士の気持ちも分かるのですが,
殺人で告訴というのは,手段として行き過ぎていたのでしょうか。

2011年1月15日(土)

昨夜から高熱が出て,朝早く,近くの病院に行き,
検査を受けた結果,A型のインフルエンザと判明しました。
吸引するタイプの薬を処方され,薬局で吸引して,
しばらく安静にしているようにと言われました。
成人してからは初めてのインフルエンザではないかと思います。
自分はかからないものと油断して,予防接種も怠っていました。
今後はきちんと準備しなければいけません。

2011年1月14日(金)

事務所の弁護士が,すぐ近くの病院で出産したので,
弁護士数名でお見舞に行きました。
自分の体調が悪く,乳児への影響が懸念されたのですが,
ガラス越しの面会で,少し安心しました。
新しい人生の始まりは,途中の者に大きな勇気を与えてくれます。
1並びの誕生日の子供の将来は,どのように輝くのでしょうか。
100年前の1911年11月11日が,祖父の誕生日であることを,
思い出しました。

2011年1月13日(木)

外出した帰りに,1000円カットで散髪してきました。
事務所から1分もしないところにあるので,便利です。
美容院に予約していくのは,仰々しくて気が進みません。
髪型なんて大した問題ではないので,何かのついでに,
ただし,まめに1000円カットに行くのが良いという結論です。
店を出た後に,頭を掻いて,髪の毛を払う必要がありますが。

2011年1月12日(水)

朝バナナダイエットを始めて,体重は落ちていきそうな予感がしています。
夜遅くに食べないこと,早く寝ること,良く寝ることが重要なのでしょう。
しかし,何となく全体的にエネルギーが低下しているように感じています。
過剰なカロリーを摂取しているときの方が,
何でもやってやるというエネルギーがあるような気がします。
それ(エネルギッシュな肥満)も不健康かもしれず,難しいところですが。
ダイエットとは,どういう食生活をするか,どういう生き方をするか
という問題なのでしょう。

2011年1月11日(火)

携帯のメールアドレスで,受信するドメインの制限を外したら,
急に多くの迷惑メールが来るようになってしまいました。
意味の分かりにくいアルファベットを羅列したアドレスなので,
知られることは少ないと思っていたのですが,甘かったです。
PCのアドレスは,毎日,沢山の迷惑メールを受信しています。
「いよいよ,エロ弁様の出番です」というメールに衝撃を受けました。

2011年1月10日(月)

朝バナナダイエットとは,要するに,夜遅く食べずに,
胃の負担を減らして,早く眠って,疲労回復に努めることと理解しました。
なので,0時には寝るように努力しようと思います。
今までは,大体2時に寝ることが多かったです。
眠くて我慢できなくなるまで仕事をしていないと,
気が済まないという感覚でした。
受験生のときと変わらないような生活です。
一杯のコーヒーが,何よりの休息という点もです。

2011年1月9日(日)

古本屋で買ってきた「朝バナナダイエット」(はまち)を読みました。
今までも朝はバナナが多かったですが,バナナで我慢するという感覚でした。
しかし,胃に負担をかけずに,酵素を摂るためという趣旨を理解できました。
また,夜食べると太るから食べるなと言われても,我慢できませんでしたが,
胃を休めて熟睡するために,寝る前には何も入れない方が良いというのは,
納得できて,その通りにしようという気持ちになりました。
ダイエットなんてバカバカしいとも思っていましたが,
人生のうちの非常に長い間,体重を気にし続けている訳ですから,
自分の体重・体調について,きちんと考えようと思い立ちました。

2011年1月8日(土)

我孫子,横浜,大宮,大阪,名古屋,仙台,高知,福岡の8支部がありますが,
現在は,札幌及び千葉支部の開設準備に追われています。
その後に立川支部を開設して,本部を含め,12事務所で一段落の予定です。
弁護士会等への申請手続や,必要な什器・備品・ソフト等の準備など,
クリアすべき問題が山のようにあるのです。
多くの支部ができ,依頼・受任の幅が広がることは,とても嬉しいことです。
いわゆる一般民事で,全国対応の法律事務所はうちだけと自負しています。

2011年1月7日(金)

TVの放映があったようですが,恥ずかしいので見ていません。
TVに出ることに慣れた人というのは,どんな感覚なのでしょうか。
昨日・今日と恐ろしく寒く,また寝不足で,風邪をひきそうな予感があり,
温かくして早く寝たいところですが,終電で帰ります。
今年は,とにかく健康第一で行きたいと思っています。
身体と精神に負担がかかるポジションと自覚しているので。

2011年1月6日(木)

午前3時までかかって,離婚相談所というHPを作成しました。
HP(ウェブサイトと言うべきか)は,自分の顔のようなものなので,
細かいところまで,全て自分で作成したいと考えています。
なかなか思うように作れないのですが,
これが今の自分の顔と考えて,公開することにしました。
何にしても,少しでも多くの方に知って頂くしかないと思います。
誰かが相談しよう,依頼しようと思ってもらったときに,
初めて,我々の存在価値が生まれるわけですから。

2011年1月5日(水)

昨夜は,午前3時半頃まで飲み明かしていて,朝起きて,
眠気をこらえて,風呂に入り,朝食を取り,また寝ました。
バスの中でも寝ましたが,午後6時頃,事務所に戻り,
十分に鋭気を養って,今年の仕事を始めようという気持ちになりました。
4日にも5日にも,多くの相談が来ているのです。
依頼がある限り,弁護士として,全力で対応したいと考えています。

2011年1月4日(火)

弁護士・事務員の総勢約50名で,初島に事務所旅行に行きました。
新宿からはバスで向かい,遠隔地からは新幹線や飛行機で集まりました。
日本全国から頼もしい面々が一堂に会して,心強く思いました。
多くの仲間がいるのは,責任は重いのですが,幸せなことです。
夜は麻雀をして,昨年末に旧友と打ったのに引き続き,負けました。
麻雀に勝つための飢えのようなものが失われた気がしています。

2011年1月3日(月)

車の運転は,怖いものだと考えています。
長時間の運転の前日は,十分睡眠を取って運転に備え,
運転中は,暴走する車や飛び出す子供がいないかなどを注意します。
ほんの少しのミスで,大惨事を招くのが自動車の運転です。
マイケル・ムーアが,昔,酒酔い運転(ブッシュJr.)の方が,
大統領執務室で実習生といちゃつくこと(クリントン)より,
罪が重いと言っていて,人命という点ではその通りだと思います。

2011年1月2日(日)

林真理子の「下流の宴」を読みました。
20歳をかなり過ぎて,一発逆転を狙って医者を目指すという生き方は,
悪くないと思います。
保坂尚輝と葉月里緒菜が出演したドラマの「夢見る頃を過ぎても」も,
そんな話だったと記憶しています。
一念発起して何かを目指すということが可能な世の中であって欲しいものです。
親の期待に応えられず,努力したくないという子供の気持ちも理解できますし,
親のあり方というのは難しいものです。
ところで,突然訪れる「ウツ」を怖いと思いました。

2011年1月1日(土)

多くのことをしたい,しなければならないと焦る気持ちになりますが,
一つ一つやっていこうと,自分を落ち着かせるように努めています。
今までだって,ベストを尽くしてきたことを認めようと思います。
そんなにやり方が間違っていた訳ではないはずです。
今日一日で全てを劇的に変えようとする発想には無理があります。
自分を制御して,時間をうまく使っていかないといけません。
誰にでも,生まれてから死ぬまでの時間は,平等に与えられているのですから。