<任意整理のメリット及びデメリット>

<任意整理のメリット>
● 経過利息及び将来利息が付かない
 弁護士が付いて,任意整理をすることのメリットとして,
 経過利息及び将来利息が付かないことがあります。
 経過利息とは,不払いとなってから和解時までの利息で,
 将来利息とは,和解時から完済するまでの利息です。
 東京3弁護士会の基準により,任意整理時には,
 経過利息及び将来利息を付けないことになっています。
 ただし,悪質な債権者の中には,経過利息及び将来利息の減免を
 絶対に認めないところがあります。
● 破産を回避
 破産できない方,または破産には心理的な抵抗がある方の場合,
 破産を回避できたというメリットがあります。
 破産できない原因として,不動産があるとか,
 保証人がいるといった事情があります。

<任意整理のデメリット>
● ブラックリスト
 任意整理以前に弁護士が受任通知を発送した時点で,
 業者間のブラックリストに載るというデメリットがあります。
 しかし,借入をする気がなければ,大きなデメリットではありません。
● 長期間,返済を継続しなければならない。
 任意整理は,3年から5年に渡って返済することが多いので,
 その間の生活を圧迫するというデメリットがあります。
 また,悪質な業者の場合,完済までの間,
 将来利息が発生することがあります。

トップページへ戻る

●債務整理の流れ
1 依頼者(債務者)の方からご連絡
2 お電話又はメールでご相談
3 事務所で面談,ご契約
4 各債権者に受任通知を発送
   ↓  受任通知のメリット・デメリット
5 各債権者が取引履歴を開示
6 利息制限法に引き直し計算
7 過払金返還請求の交渉又は訴訟
   ↓  過払金発生の原理
8 残債務が少額の時は任意整理
9 残債務が多額の時は自己破産
       自己破産のメリット・デメリット