2007年3月31日(土)

室戸対熊本工を観戦してきましたが,3−5で惜敗してしまいました。
しかし,室戸側アルプスの大応援団,球場中の暖かい拍手や声援,
選手達の溢れんばかりの笑顔,どれも,素晴らしかったと思います。
最後に,四番でエースの森澤選手に打順が回り,本塁打で同点という場面で,
球場中の盛り上がりは最高潮に達したのですが,結果は三振でした。
それでも,田舎の県立校が初出場で,強豪校を2校倒しベスト8に進出するという,
室戸高の快進撃は賞賛に値します。
しかも,私の計算違いで,高知県の春夏通算勝率1位は抜かれていませんでした。
今治西が都留に逆転勝ちし,高知が初戦敗退した時点で,首位陥落を覚悟したのですが。
当初,室戸が選抜されたことで高知県の勝率が下がるのではないかと懸念しましたが,
それでも3強(明徳・高知・高知商)以外の高校が甲子園で経験を積むことは,
意味のあることではないかと自分に言い聞かせていました。
ところが,フタを明けてみれば,むしろ,その室戸に救われることになりました。

今大会前
1位 高知県 159勝 94敗 0.628
2位 愛媛県 168勝100敗 0.627
今大会後
1位 高知県 161勝 96敗 0.6265(室戸2勝1敗,高知1敗)
2位 愛媛県 169勝101敗 0.6259(今治西1勝1敗)

<甲子園の観戦記録>
99年夏2回戦   ●明徳義塾 5−6×長崎日大○(延長11回サヨナラ負け)
00年春1回戦   ○明徳義塾 9−3 上宮太子●
00年春2回戦   ○明徳義塾 8−7 四日市工●
00年春準々決勝 ●明徳義塾12−5 鳥   羽○
00年夏2回戦   ●明徳義塾 4−9 PL学園○
02年夏3回戦   ○明徳義塾 6−7 常総学院●
02年夏準々決勝 ○明徳義塾 7−2 広   陵●
02年夏準決勝   ○明徳義塾10−1 川 之 江●(決勝も勝利し優勝!)
03年夏1回戦   ○明徳義塾 4−1 横浜商大●(2回戦で平安に敗退)
04年春準決勝   ●明徳義塾 6−7 済   美○
04年夏2回戦   ○明徳義塾3×−2 熊 本 工●(サヨナラ勝ち,3回戦で横浜に敗退)
06年夏2回戦   ●高 知 商  2−3 鹿児島商○
07年春準々決勝 ●室   戸 3−5 熊 本 工○

<その他の観戦記録>
06年秋四国1回戦 ○室   戸11−1 池   田●(準決勝で高知に敗退も選抜選出)
            ●明徳義塾 3−8 川 之 江○
06年秋神宮決勝  ○高   知10−5 報徳学園●(優勝!)

2007年3月30日(金)

小田急線新宿駅のトイレで,洗面所の流しに放尿している酔っ払いがいました。
隣りの洗面所で手を洗っていて,その不届き者に気付き,驚愕し,
思わず殴りつけてやろうかとも思いましたが,
君子,危うきに近寄らずなので,腹立ちを堪えて,立ち去ることにしました。

2007年4月29日(日)

室戸が宇部商を4−1で下しました。
本当によくやってくれました。
初出場の県立校がベスト8にまで進出したのですから,大したものです。
日頃の練習と,無欲と謙虚さの賜物なのでしょう。
地元や応援席の熱狂ぶりも,一体感や野球熱を感じさせ,微笑ましく思います。
土曜日も相手は強豪熊本工ですが,精一杯いい試合をして欲しいものです。
勝ってくれとは,誰も言わないと思います。

2007年3月28日(水)

二回戦で,今治西が常葉菊川に0−10で完敗しました。
今大会の優勝候補は,高知,今治西,大阪桐蔭,報徳学園だと思っていたので,
信じられない結果です。
関西が高知を,広陵が成田を,宇部商が日大藤沢を接戦で下し,
中国勢は全て残っていますが,
四国勢は,高知・今治西が敗退し,第3位の室戸だけとなってしまいました。
明日,室戸が宇部商に敗れると,中国>四国と見られてしまい,
来春の選抜が不利になってしまいます(具体的には四国2校になってしまう)。
とはいえ,室戸に奇跡をもう一度起こせとは言いにくい気もします。
勝ってくれとは言わないので,いい試合をしてほしいものです。

2007年3月27日(火)

う〜ん,神宮の覇者高知が初戦敗退とは,到底受け入れがたい結果です。
毎年,毎年,思うことなのですが,どうして負けちまったんだろうなぁ〜。
高知は,明徳に代替して出場した2005年夏に続いての初戦敗退です。
今回は,色々なものの歯車が狂ってしまったのでしょう。
厳しい結果でしたが,神宮を制した偉業は素直に称えたいと思います。
高 知 001 100 000  2
関 西 000 301 00X  4

夏は,国尾・森田の高知,小松豊の高知商,森澤の室戸,そして馬淵親子の明徳と,
4強が四つに組んだ大会になりそうで楽しみです。
今までで一番熱い高知県予選になりそうです。

2007年3月26日(月)

明日は,高知戦があるので,ヨドバシカメラで,TVを購入しました。
事務所が近いので,店員に事務所まで運んでもらいましたが,
TV台の組立などは時分でしたので,大変でした。
しかし,どのような試合になるのでしょうか。
とにかく,勝ってもらわなければ,何も始まりません。

2007年3月25日(日)

司法研修所の同期(54期)で,クラスメート(7組)で,
法律事務所あすかのルームメイトでもあった友人の結婚式&披露宴がありました。
両親に対する感謝と来客に対する感謝にあふれていて,本当に素晴らしい結婚式でした。
私も前日午前3時まで練って,かなり気合いの入ったスピーチをしましたが,
35歳になり,自分でも少し落ち着いてきたような気がしました。
スピーチが終わり,携帯でチェックすると,室戸が2−1で報徳を倒していました。
ほとんど奇跡に近いような結果です。
それも含めて,感動的な一日で,心が満たされました。

2007年3月24日(土)

甲子園の都道府県別通算勝率は,今回の選抜が始まる以前は,以下の通りでした。
1位 高知県 159勝 94敗 0.628
2位 愛媛県 168勝100敗 0.627
21世紀枠の都留高校は善戦したのですが,金星を挙げるには至りませんでした。
今治西が1勝1敗なら,高知県勢は3勝2敗,
今治西が2勝1敗なら,高知県勢は4勝2敗が必要になりますが,
室戸の初戦の相手が報徳であることを考えると,極めて厳しい数字です。
それでも,明日は室戸に,死力を尽くして,いい試合をして欲しいものです。
パリーグが開幕しましたが,ホークスは黒星スタートになりました。
今日は残念な結果ばかりでしたが,選抜が始まり,プロ野球が始まると,
春が来たのだなあと思います。
もうすぐ,セリーグもメジャーも開幕し,朝メジャー,昼高校野球,夜プロ野球
という素晴らしいシーズンが到来します。

2007年3月23日(金)

中1のときからの友人と新宿で会いました。
事務所のすぐ近くのイタリアンで,カルボナーラとクリームブリュレを食べた後,
ダーツをやろうと言われて,生まれて初めてやってみました。
彼はマイダーツを2セット持っていて,1つ貸してもらいました。
最後に,「301」というゲームをやったのですが,彼が,6投連続で真ん中の的に当て,
(2回連続ハットトリック。しかも,最初の3回はthree in black)
持ち点が1点になった(301−50×6=1)のには,ただただ感嘆するばかりでした。
あまりの凄腕に,自分もうまくなろうという意欲をすっかり失ってしまいました。

2007年3月22日(木)

映画「ターミナル」のDVDを観ました。
はっきり言って,下らなかったです。
サインをもらうことがそんなに重要だろうかとも思いましたし。
主人公が英語をしゃべれる時としゃべれない時があって変だなと思いましたし。

2007年3月21日(水)

友人の家に遊びに行きました。
50インチの巨大なTVがある家で,昨年8月20日に,そこで,
早実対駒大苫小牧(決勝戦,延長15回引き分け)を観たことを思い出しました。
今回は,「ロンポス」なるパズルを教えてもらいました。
55個の平面的な穴に12種類のカラフルなブロックを埋めていくものです。
5段のピラミッドを作成する立体的なタイプもあります。
なかなか面白くて,ハマってしまいそうです。

2007年3月20日(火)

今さらなのですが,映画「Shall we ダンス?」のDVDを観ました。
10年以上前の映画と聞いて驚きましたが,良かったと思います。
そう言えば,先日行ったレストランの店員は妙に姿勢が良かったので,
もしかしたら,社交ダンスをやっているのかもしれません。
米国でリメイクされたものも,そのうち観てみたいと思います。

2007年3月19日(月)

東大工学部の湯原哲夫教授の最終講義を聴きに行きました。
工学部の講義も,最終講義というものも,未経験でしたが,
父親の後輩で,お世話になった方で,私の先輩にも当たる方だったので行きました。
エネルギー,産業,経済等について,高所から見た講義で,
化石燃料(石油,石炭,天然ガス等)の比率を50%に引き下げ,
原子力と再生可能エネルギー(太陽,風力,水力,地熱,海洋等)に25%ずつ頼り,
二酸化炭素の排出量を抑えなければならないというビジョンを示しておられました。
痺れる程刺激的な講義で,何かをしなければならないと決意させられました。

2007年3月18日(日)

「華麗なる一族」の最終回を見ました。
血液型のところはなかなか良かったと思います。
そこが,このストーリーの勘所だと思うのです。
ただ,鉄平が死に至るまでが長すぎたと思います。
そもそも,私は,自殺する人間に感情移入できませんし。
昨年アカデミー作品賞を受賞した「クラッシュ」のDVDも見ました。
群像劇とは知らなかったので,伏線だけで終わってしまったような印象でした。

2007年3月17日(土)

9キロ走ってきました。
かなり暖かくなってきたので,気持ちよく走れます。
毎回,同じコースを走り続けるので,昔,売りに出されていた建物が,空き家になり,
取り壊され,土地が2つに分けられ,それぞれに家が建てられ,売り出され,
人が引っ越してきて住むようになるという変化を見ることができます。
昔はよく吠えていた犬に,いつのまにか吠えられなくなり,
やがて,姿も見なくなり,犬小屋もなくなるということもあります。

2007年3月16日(金)

不動産の取引がありました。
基本的には銀行での決済だったのですが,街金にも似た担保権者に,
現金を会社まで持参して欲しいなどと言われて,大変でした。
債務があっても,不動産も給与も資産もないという状況ならば楽なのですが,
守るべきものがあって,それを押さえられていると交渉が困難になります。
業者の方も,最近は,ただ高利で貸すだけでは成り立たないので,
不動産を担保に取る,保証人を取るなどする傾向があります。
担保を提供してまでお金を借りる前に弁護士に相談して欲しいものです。

2007年3月15日(木)

朝の9時から,選抜の抽選がありました。
神宮大会の覇者高知高校は,5日目に関西(岡山県)とやることになりました。
ブロックとしては恵まれたと思いますが,初戦の相手は難敵です。
室戸高校は,3日目に神宮準優勝の報徳学園(兵庫県)と当たることになりました。
ほとんど最悪の組合せですが,精一杯,頑張って欲しいものです。
室戸の森澤投手,谷口選手,岡林選手(親戚ではないです)は,高知中学出身で,
高知の神宮大会での闘い方は,「昔の仲間を神宮枠で甲子園に連れて行くんだ」
という強い意思が感じられて,胸を打つものがありました。
室戸も,高知の頑張りに応えて,最高の試合をして欲しいものです。
高知も,もちろん,一回戦で負けるようなことは許されません。

2007年3月14日(水)

先日,ANAの航空機が,高知龍馬空港で胴体着陸するという事故がありましたが,
みんなが褒めている通り,機長は素晴らしかったと思います。
胴体着陸を成功させる技術はもちろんですが,全ての手段と手順を尽くしている点と,
乗客に途中経過を説明して,安心させたことが偉かったと思います。
普通はなかなかそういう余裕が持てないものなのですが。
飛行中に,女性乗務員を機長席に座らせて記念写真を撮るような機長とは大違いです。

2007年3月13日(火)

会計事務所の方に来て頂き,所得税の確定申告書に押印しました。
今年から専門家に依頼して本当に良かったです。
毎年,毎年,3月15日の直前は大忙しでしたから。
確定申告が終わると,一区切りという感じがします。
3月末から4月頭にかけては,裁判官の交替などもあり,
裁判所もノンビリモードになります。
私は選抜モードになります。

2007年3月12日(月)

映画「白い巨塔」のDVDを観ました。
小説を読んだ時もそう思ったのですが,よくできた物語だと思いました。
そして,田宮二郎の気迫のようなものも感じました。
医療過誤裁判が一審勝訴に終わり,財前教授の総回診で,
「完」になった(ハッピーエンド)のにはビックリしましたが。
時間があれば,昔の(最近のではなく)ドラマも観たいと思いました。

2007年3月11日(日)

映画「ハウルの動く城」のDVDを観ました。
今月は,TSUTAYAが旧作半額なので,DVDをまとめて借りてきたのです。
映画自体は,話が複雑で,何がなんだか分かりませんでした。
宮崎映画では,「天空の城ラピュタ」が一番好きです。
ストーリーは分かりやすく,音楽も素晴らしいと思います。
夜は,ドラマの「華麗なる一族」を観ました。
刑事告訴のはずが民事裁判になっていて,しかも,銭高が鉄鋼マン・・・。
この第9話だけ,支離滅裂,荒唐無稽,無茶苦茶だったと思います。
山崎豊子が川内康範だったら,どれだけ激怒するだろうかなどと考えてしまいました。
同一性保持権(著作者人格権)については,下記訴訟で取扱いました。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060406210954.pdf

2007年3月10日(土)

久しぶりに,土日共に,休むことにしました。
とは言え,家でも仕事はできるので,事件一覧表とにらめっこして,
来週,どんな順序で事件処理をしようかと,計画を練りました。
結局のところ,私はこの仕事が好きで仕方がないのです。
それは,とても幸せなことだと思います。

2007年3月9日(金)

映画「華麗なる一族」のDVDを観ました。
TVよりずっといいと聞いていましたが,確かに,その通りでした。
時間は短いのに,TVより原作に近いストーリーでした。
やっぱり,この物語は,万俵大介が主役でないと始まらないと思います。

2007年3月8日(木)

永山駅に用があり,永山駅から新宿駅に向かったのですが,路線を検索したところ,
小田急線より京王線の方が圧倒的に早くてショックでした。
子供の頃,読売ランド前に住んでいたこともあり,今も沿線に住んでいて,
小田急線の方が親しみが湧くのです。
ロマンスカーについても,無意識の憧れが刷り込まれているのかもしれません。

2007年3月7日(水)

昼は,事務所の弁護士とカレーライスを食べました。
最近,本当によくカレーを食べます。
カレーは,早く出てきて,早く食べられるのと,
ラーメンよりはわずかに健康的だと思うのが理由です。
そのうち,顔が黄色くなるんじゃないかと心配ですが。

2007年3月6日(火)

三和ファイナンスは,裁判期日に名目的支配人を代わる代わる出頭させる,
いつになっても(1年くらい経っても),取引履歴を開示しない,
まともな和解案は最後まで出してこないなど,対応があまりにも目に余るので,
取引履歴の非開示などを理由に,各取締役を被告に加えて提訴したところ,
被告らに弁護士がついて,あっさり履歴を出してきて,さっさと和解が成立しました。
拍子抜けしたくらいです。
三和は取締役を被告に加えなければならない,と痛感しました。

2007年3月5日(月)

「ミリオンダラーベイビー」のDVDを観ました。
「私は31歳だけど,ボクシングしかないの。」というところが良かったです。
倹約して,お店の残飯を家に持ち帰る,親に家をプレゼントする,
家にビデオがない,そんなところも良かったです。
しかし,たとえ全身麻痺でも生き続けるべきではないかと思ってしまいました。
どんな状態になっても,生きる意味はあるはずだと私は思うのです。

2007年3月4日(日)

人生で今が一番幸せなのではないかと感じる今日この頃です。
多くのものを手に入れたからではなく,
多くのものから解放されたからではないかと思っています。
35歳というのもなかなか素敵じゃないかと思うのです。

2007年3月3日(土)

何時間も悩んでできた書面はたったの2ページでした。
それでも,魂は込められたので満足です。
「風の歌を聴け」(村上春樹)の一節を思い出しました。
「僕にとって文章を書くのはひどく苦痛な作業である。
一ヶ月かけて一行も書けないこともあれば,
三日三晩書き続けた挙句それがみんな見当違いといったこともある。」

2007年3月2日(金)

今日,第1回期日が予定されていた事件は,期日前に全て和解が成立したので,
期日を延期してもらいました。
和解金の支払を確認してから,訴えを取り下げることになります。
訴状は陳述されなかったので,訴状に貼用した印紙について,
半額を返してもらう手続(訴訟費用還付請求)もします。

2007年3月1日(木)

今月から,事件によっては,弁護士一人で裁判期日に出頭してもらうことにしました。
それまでは,全て一緒に付いていったのですが,
私が事務所にいないとなかなか機能しないので,そのようにしました。
事件を事務員に任せきりにしないというのが私のポリシーです。
それは,非弁行為に類するものであるし,事務員に大きな負担をかけますし,
何より,依頼者に対して失礼であると思うのです。
依頼者との対応は代表弁護士がやり,事件処理は原則,弁護士がやり,
事務員は弁護士業務の補助をするというのがあるべき姿だと思うのです。
事務員が100名もいて流れ作業で処理するような事務所は,偽物だと思っています。
全ての依頼者と事件を,代表弁護士は把握していなければなりません。
少なくとも,私はそうありたいのです。

トップページへ戻る
日記07年02月
日記07年04月