今回は,過払い金がある場合の業者別の対応について,まとめてみます。
 下記の業者に対して,過払い金があるかもしれないという方は,誰もいいので,とにかく弁護士に相談してみてください。まともな弁護士であれば,難なく過払い金を回収できるはずですので。

1 アイフル
 受任通知発送後,10日間程度で全取引履歴を開示してきます。
 過払い金返還請求訴訟において,代理人はほとんど付きません。第2回期日までに和解が成立することが多いです。
 本店は京都ですが,地方の方が東京地裁に提訴しても,管轄を争うことはありません。

2 アエル
 旧日立信販です。
 受任通知発送後,2週間程度で全取引履歴を開示してきます。
 過払い金返還請求訴訟において,代理人はほとんど付きませんが,支配人が出頭することもありません。答弁書だけ出して,判決になることが多いというのが最近の印象です。判決が出れば,支払ってきます。

3 アコム
 受任通知発送後,10日間程度で全取引履歴を開示(FAX)してきます。FAXは見えにくいので,クリーンコピーを郵送するように要求することが多いです。
 過払い金返還請求訴訟において,代理人はほとんど付きません。第2回期日までに和解が成立することが多いです。

4 エイワ
 取引履歴の開示にものすごく時間がかかります(4ヶ月程度)。しかも,新しいものから小出しにしてきます。依頼者の話を良く聞かないと,新しい履歴で全てと思ってしまって,過払い金を見逃す怖れがあります。ただ,最終的には全履歴が出てくることが多いと思います。
 全ての履歴開示を待っていては日が暮れるので,全履歴開示を待たずに,仮計算に基づいて,過払い金返還請求訴訟をすることが多いです。訴訟において,最近は代理人はほとんど付きません。訴訟になると,慌てて取引履歴を出してきて,第2回期日までに和解が成立することが多いです。

5 OMC
 取引履歴の開示に時間がかかります(2ヶ月程度)。何度も催促すると渋々出してきます。ただ,最終的には全履歴が出てくることが多いと思います。
 過払い金返還請求訴訟において,代理人はほとんど付きません。第2回期日までに和解が成立することが多いです。

6 オリエントコーポレーション
 受任通知発送後,2週間程度で取引履歴を開示してきます。取引履歴については,平成3年頃〜平成7年頃以降のもの(人によります)しか,完璧なものは出てきません。平成元年頃以降は,債務者がオリコに支払った記録のみ出てきます。この開示には時間がかかります。
 過払い金返還請求訴訟において,全履歴が開示されている場合,代理人はほとんど付きません。第2回期日までに和解が成立することが多いです。
 これに対して,全履歴が開示されていない場合には,代理人が付くことが多いです。開示されていない部分については,オリコの代理人が推定計算をして,それを下に,和解が成立することが多いです。

7 キャスコ
 受任通知発送後,2週間程度で全取引履歴を開示してきます。
 過払い金返還請求訴訟において,最近は,代理人はほとんど付きません。第2回期日までに和解が成立することが多いです。

8 クオークローン
 旧東和商事,リッチ,ぷらっとなどです。
 受任通知発送後,2週間程度で取引履歴を開示してきます。取引履歴については,平成元年頃以降になることが多いです。
 過払い金返還請求訴訟において,代理人はほとんど付きませんが,支配人が出頭することもありません。答弁書を出して,陳述できない準備書面を出してきて,結局,判決になることが多いというのが最近の印象です。判決が出れば,支払ってきます。

9 三洋信販
 受任通知発送後,2週間程度で全取引履歴を開示してきます。
 過払い金返還請求訴訟において,代理人は付かずに,第2回期日までに和解が成立することが多いです。最近は,代理人が付くこともあります。その場合にも,早い段階で和解が成立することが多いです。

10三和ファイナンス
 最悪です。取引履歴の開示にものすごく時間がかかります(3ヶ月〜1年程度)。最終的に出てこない場合もあります。しかも,新しいものから小出しにしてきます。
 過払い金返還請求訴訟において,代理人はほとんど付きません。代わりに,名目的支配人が出頭します。そして,「前任者は辞めました。」などと言って,出頭する支配人がころころ替わるので継続的な話が全くできません。引き延ばし作戦と思われます。最初から,支配人性を争う必要があります。
 履歴の開示については文書提出命令を申し立てます。三和との訴訟は,非常に時間がかかってしまいます。
 ただ,最近,履歴非開示の慰謝料請求について,各取締役も被告に加えたところ,あっさり履歴を出してきて,すんなり和解が成立しました。これが,唯一の三和攻略法かもしれません。

11 まとめ
 この続き(GE,CFJ,シンキ,武富士,プロミス,丸井,ニコス,ライフ等)は,次回,ご説明します。
 何度も言いますが,過払いがあるかもしれないと思ったら(過払いなんかあるわけないと思っていてもですが),とにかく,弁護士に連絡してみてください。
 きっといいことがあると思いますので。

16 過払い金の業者別対応 その1(弁護士ドットコム連載記事 16)

トップページへ戻る
15 過払い金と自己破産 その2
17 過払い金の業者別対応 その2