2007年5月31日(木)

宇都宮地方裁判所大田原支部の裁判期日に行ってきました。
大宮駅で乗り換えて,東北新幹線の那須塩原駅で降りました。
四ッ谷駅近くの事務所にいたときは,東京駅から新幹線に乗ることが多かったのですが,
新宿駅からだと,湘南新宿ライン等で大宮駅まで行ってしまう方が早いようです。
新幹線には1時間も乗っていないので,昼寝をする時間もありません。

2007年5月30日(水)

昨日の問題には続きがあって,「四国勢が初戦でぶつかり合う確率を求めよ」でした。
・愛媛と香川が当たる(高知と徳島が当たる)場合,48×1×46×1
・愛媛と高知が当たる(香川と徳島が当たる)場合,48×46×1×1
・愛媛と徳島が当たる(香川と高知が当たる)場合,48×46×1×1
上記の合計が,48×46×3
全ての場合の数が,49×48×47×46
従って,四国勢が初戦でぶつかり合う確率は,
3/49×47=「3/2303」というのが私の答えです。
約768年に1回ですから,まずないことなのでしょう。
9人の子が全員男子の確率(1/512)より低いということです。

2007年5月29日(火)

選手権の初戦で東日本勢と西日本勢が当たるという制度が,今年からなくなったので,
初戦で四国勢が当たる確率を求めよという問題が某掲示板でありました。

初日第1試合の1塁側を1番,3塁側を2番として,初戦不戦勝を49番として,
四国4県だけで抽選をして,愛媛・香川・高知・徳島の順に抽選すると考えると,
四国勢が初戦では当たらない確率を求めると,
・どこも49番クジをひかないとき,48×46×44×42
(愛媛は48ヶ所のどこでも可,香川は愛媛と当たらない46ヶ所のどこでも可・・・)
・愛媛が49番クジをひくとき,1×48×46×44
・香川が49番クジをひくとき,48×1×46×44
・高知が49番クジをひくとき,48×46×1×44
・徳島が49番クジをひくとき,48×46×44×1
上記の合計が,48×46×44×(42+1+1+1+1)=48×46×44×46
全ての場合の数が,49×48×47×46
四国勢が初戦で当たらない確率は,44×46/49×47=2024/2303
従って,四国勢が初戦で当たる確率は,1−2024/2303=「279/2303」
というのが私の答えです。
この種の計算をもう10年以上していないので,頭が痛くなってしまいました。

2007年5月28日(月)

4日ぶりに事務所に行きました。
書類が山積みでウンザリしましたが,一日がかりで何とか処理できたように思います。
普通に健康で,普通に仕事ができる,ただそれだけで幸せなことだと痛感しました。
身体には気を付けようと思います。
しかし,一体,何が原因で高熱を出したのか今だに不明です。

2007年5月27日(日)

大手銀行グループはどこも利益を減らしているそうです。
それも,消費者金融との提携が原因だというのですから愚かな話です。
三井住友系はプロミスと,みずほ系はオリコと,
三菱UFJ系はアコムや三菱UFJニコスと,
それぞれ提携したのが原因だったようです。
大手銀行は,サラ金の高利に憧れるのでしょうが,
サラ金は,以前暴利をむさぼったツケ(過払い)を払わされていて,
それはしばらく続くのだということに,どうして気が付かないのでしょうか。

2007年5月26日(土)

事務所に行こうと思いましたが,全然ムリでした。
TEX戦に先発した松坂投手も体調不良だったようで,思わず同情してしまいました。
5回裏2死3塁で,前の打席に本塁打を打たれた5番打者を相手に,
フルカウントから152キロの渾身のストレートで三振を取ったのには痺れました。
吐きながら投げるというのは漫画みたいですが,やっぱり立派だったと思います。
「一球入魂の球なら打たれやしない。」というドカベン山田のセリフを思い出しました。

2007年5月25日(金)

不本意ながら今日も休むことにしました。
本のこと,大阪のこと,その他,多くの事件のこと,
やらなければならないことは沢山ありましたが,
どうしても身体が動きませんでした。
家でただひたすら寝ていました。

2007年5月24日(木)

昨夜,家に帰って,熱を測ってみると,38.6度でした。
その後,39.3度→39.9度と上がっていき,一旦39.2度に下がりましたが,
また,39.8度まで上がり,一向に下がらなくなったので,これはたまらないと思い,
夜中の3時頃に,夜間急患病院に行きました。
大袈裟かもしれないと思いましたが,何かあったら怖いと思ったのです。
事故を起こしてはどうしようもないので,慎重に運転しました。
血液も検査してもらい,レントゲンも撮ってもらい,
インフルエンザでもなく,肺炎でもなく,ただの風邪ということでした。
今日は休むことにして,とにかく寝ていようと思いました。
午後,熱は下がってきましたが,今度は蕁麻疹が狂ったように出てきました。
家の近くの病院に行きましたが,医師と話している時も身体を掻いている始末でした。

2007年5月23日(水)

平成19年4月26日札幌高裁判決を下にして,
訴額1000万円以上の訴状を3つ程,東京地裁に提出しました。
神経を使って訴状を作成したせいか,ぐったりしてしまいました。
空腹のせいかもしれないと思い,ラーメンを食べましたが,
体調は良くなりませんでした。

2007年5月22日(火)

TV電話の営業の方が,来所して,一通り説明してくれました。
大阪出張相談所を設けるに当たっては,TV電話が最大のキーになると思っています。
しかし,その問題はどうやらクリアできそうです。
便利な世の中になったものだと思います。

2007年5月21日(月)

「過払い」について,本を書かないかというお話があり,
出版社の方と,具体的な本の内容について,打合せをしました。
本を書くのは初めてのことですが,書くこと自体は好きですし,
過払いについては書くべきことが沢山あるので,非常に楽しみです。
分かりやすさを第一に考えて,一生懸命書こうと思います。

四国大会は初戦敗退した明徳ですが県体を制し,選手権予選シード2位を確保しました。
これで1位の高知とは,県予選の決勝まで当たらないことになります。
【県体決勝】
  商 100 000 000 = 1
明徳 義塾 000 003 10X = 4
 [商]小池,杉山,小松豊−都築
 [明]中山,南野,馬淵−伊藤

2007年5月20日(日)

近所の串焼きのお店に行きました。
創作串焼きなどもあり,なかなか美味しかったです。
ただ,鳥皮がないのは致命的でした。
私は,焼き鳥の中では,鳥皮が大好物なので。
それと,蕁麻疹のせいで半禁酒を余儀なくされているのも辛かったです。

2007年5月19日(土)

母親がトルコ土産のタペストリーを持ってきてくれました。
なかなか,立派なもので,嬉しくなりました。
TVがあって,タペストリーがあって,植木がいくつかあって,
不思議な会議室ですが,アットホームな感じはあるかもしれません。

2007年5月18日(金)

大阪に出張所を設けて,TV電話を用いた出張法律相談を始めようと考えています。
電話だけでは話が通じにくいので,できるだけお互いに顔を見たいと思うのです。
そこで,百聞は一見に如かずなので,大阪出張に行ってきました。
初めに,役所のような所に行くと,士業の方はサポートする側なので,
士業の方をサポートする制度はないと言われました。
役人は頭が固くてどうしようもないと思いました。
その後,歩き続けて,いくつか良さそうな物件が見つかりました。
今月中に色々なことを決めて,前に進みたいと思っています。

2007年5月17日(木)

東京地裁で,ア●●に対する判決が言い渡されました。
ここも答弁書こそ出しますが,期日には全く出頭してこないところです。
判決の内容は,慰謝料等の点で思ったよりも良い内容のものでした。
判決通り強制執行するぞと伝えると,ようやく支払って来る
というルーティンになっています。

2007年5月16日(水)

福岡地裁の期日には相手方が出頭せず,答弁書も出さなかったので,
第1回口頭弁論期日で訴状を陳述し,結審ということになりました。
被告は出てこないし,何も主張しないのだから仕方がありません。
判決通りに強制執行するしかありません。

2007年5月15日(火)

今日と明日は,事務所の弁護士が福岡に出張なので,少し静かな感じがします。
声の大きな弁護士なので,いないと閑散としてしまいます。
声が大きいことはいいことです。
「声の大きな奴が勝つ。」
昔,そう言っていた弁護士がいました。

2007年5月14日(月)

仕事の関係で,電子内容証明郵便を打ちました。
昔は,郵便局に郵便の写し3通を持参する必要がありましたが,
今では,郵便局に行かなくてもパソコンで内容証明郵便を打つことができます。
ただ,以前の事務所で使用していたID番号がどうしても見つからないので,
新しいID番号を発行してもらうことにしました。

2007年5月13日(日)

母校の運動会を見に行きました。
卒業後18年目で,在学中の6回をプラスすると,24回目の運動会です。
昨年の5月15日の日記に1を足しただけですが,毎年見に行っています。
ついに,倍の年齢になったのかと感慨深くなりました。
当時の白組の仲間2名と,行きつけの喫茶店フィレンツェに行きましたが,
大家の嫌がらせを受けていて,そのうち閉店することになるという話でした。
よくミーティングをしたお店なので,なくならないで欲しいと思いました。

2007年5月12日(土)

高校の野球部時代の友人達と久しぶりに会いました。
結婚披露パーティーの後,麻雀をすることになりました。
うまい麻雀を打つ人と強い麻雀を打つ人がいて,お前は後者だと指摘されました。
それは立派な褒め言葉だと受け止めています。
仕事でも,うまい弁護士であるよりは,強い弁護士でありたいと思っています。

2007年5月11日(金)

平成19年4月26日に札幌高等裁判所で画期的な判決が出て,過払金+利息の他に
・過払金返還請求の弁護士費用  30万円
・過払金発生時の架空請求慰謝料 15万円
・上記請求の弁護士費用      5万円
が認められると判断しました。
引き直し後には本来なら債務はないはずなのだから架空請求だという訳です。
これは本当に大きな,また,素晴らしい判決です。
様々な場面で,色々な論じ方・使い方があり,ワクワクします。

2007年5月10日(木)

ここのところ,セキが止まらなくて,嫌になります。
それ程,重傷ではないと思うのですが,運動する気にもなりませんし,
何となくエネルギーが低下しているように感じます。
かといって,病院に行くのも面倒なので,何もしないままになっています。

2007年5月9日(水)

時々,依頼者の方から感謝のメールやお手紙を頂くことがあります。
受任したときだったり,概ね山を越えたときだったり,全て解決したときだったりします。
感謝のお言葉を頂くのは本当に嬉しいことで,弁護士冥利に尽きると思います。

そのために頑張っているようなもので,それが一番のエネルギーになるのです。

2007年5月8日(火)

30年近く前に,祖父が私のために書いてくれた三手詰&五手詰の棋譜が出てきました。
祖父は将棋が,父は囲碁が好きでした。
私は将棋も囲碁も好きでしたが突き詰めてやる程ではなく,むしろ麻雀が好きでした。
運任せ,行き当たりばったりな性格だからでしょう。
そして,自分はツイているのだという根拠のない自信が常にあったのです。
「あぶれもん」の健三の「麻雀は1割の技術と9割の自信だ」というセリフが好きです。

2007年5月7日(月)

東京六大学野球で,早稲田大が立教大学に4−3で辛勝しました。
マスコミは8,9回を抑えた佑ちゃんにばかり注目しますが,
松下投手が6,7回を抑えて2勝目を挙げたのが非常に嬉しかったです。
早大投手陣にライバルは沢山いますが,投げ続けて,抑え続けて欲しいものです。

2007年5月6日(日)

TV「行列のできる法律相談所」で,「1年後にプロポーズする」という男の言葉が
婚約になるかという問題があって,3対1で婚約にならない方が多数派でしたが,
私は婚約になるのではないかと思いました。
とはいえ,立証も難しいですし,慰謝料の金額もそれ程高くはならないでしょうし,
いざ受任するとなると,難しい事件だと思いました。

2007年5月5日(土)

事務所の近くに,丼ものとうどん又はそばのセットを出すお店があり,
500円くらいで安いので,最近は昼夜問わず,よく行きます。
唐揚げ丼とかかき揚げ丼とかはなかなか,おいしいと思います。
丼もののたれがおいしいのかもしれません。
炭水化物+炭水化物でバランスが悪いと思いますが,とりあえず満腹になります。

2007年5月4日(金)

サイゼリヤでパスタを食べたのですが,あまりおいしくないかもと思いました。
自分の舌の寛容さには自信があったので,ショックでした。
多少,舌が肥えてきたのかと思ってしまいました。
しかし,そこのお店のそのメニューがイマイチだったのでしょう。
サイゼリヤが全てダメなはずはありません。

2007年5月3日(木)

愛用のiPODが壊れてしまいました。
ポケットから床に落としただけなのですが,どうやっても直らないのです。
どう直したらいいのかも分からないし,保証書がどこにあるのかも分かりません。
多分,保証期限も切れているのでしょうし,IDのようなものも分かりません。
とにかく電気屋に持っていくしかないのでしょうけれど。
よく使っている機械が壊れてしまうと本当に憂鬱になります。

2007年5月2日(水)

事務所のパソコン4台にアンチウィルスソフトをインストールしました。
今までどうしていたんだという感じですが,ノーガードなままだったのです。
それ程大きな被害に遭わなかったのはラッキーでした。
組織も大きくなるので,これからはリスク管理が重要になってくると思います。

2007年5月1日(火)

たまたま見つけた,1982年(昭和57年)3月26日の日記を読み返してみると,
高知商が延岡商に5−2で勝って嬉しかったという内容でした。
この年は高知商と明徳がアベック出場した年でした(その次は25年後の今年です)。
内容が,25年前の小学4年生のときも今もほとんど変わらない(進歩がない)ことに,
驚いて(半ば呆れて)しまいました。

トップぺージへ戻る
日記07年04月
日記07年06月