トップページへ戻る
日記08年01月
日記08年03月
2008年2月29日(金)

水戸の弁護士に会いに行き,当事務所に加わってもらい,
我孫子支部の担当になってもらうことを快諾してもらいました。

そのために,まず,3月から法人化する必要があります。
「我孫子」を読めず,「ワレのマゴのコ」と言っていた人がいましたが,
私と彼にとっては,我孫子(アビコ)は重要な聖地(ばしょ※)で,
そこに事務所を開けることは大きなモチベーションになるのです。

※ 新堂冬樹風に

2008年2月28日(木)

事件が4件と,来客が7件ありましたが,どうということはありません。
一つ一つの事件を丁寧に扱いたいとだけ考えています。
一つ一つの事件において,ベストを尽くすだけだと思っています。
忙しいからといって,事件処理の質を落としてはいけないと肝に銘じています。

2008年2月27日(水)

一昨日の夜は3キロ,昨夜は5キロ,今夜も3キロ走ってきました。
ここ何年かは,運動する時間の97%くらいは,
走っている時間のような気がします。
ゴルフとか,テニスとか,サーフィンとか,
そういうのはする習慣がないですね。
ただ,走るだけです。

2008年2月26日(火)

事務所の前にあるジンギスカン料理店に行きました。
ここは非常においしいと思っています。
お肉はもちろんですが,じゃがいもも食べることが多いです。
スーツが羊臭くなっているかもしれませんが,あまり気にしていません。

2008年2月25日(月)

商工ローン対策弁護団の首都圏会議に参加してきました。
SFCG,ロプロ,シティズ等の司法テロへの対策を考える会議です。
商工ローンに対して古くから闘ってこられた先生方に会って,
高名な歴戦の古強者を仰ぎ見るような錯覚に陥りました。

2008年2月24日(日)

1週間ほど前から行方が分からなくなっていたグローブを,
血眼になって探していたら,近くの公園で見つかって,本当に良かったです。
父親に買ってもらい,小学生の頃から使用していたZETTの軟式用グローブで,
非常に良い型をしていて,2つ上(小6)の捕手の先輩が投手をする際に,
貸して欲しいと言われて使ってもらったくらい,いいグローブなのです。

2008年2月23日(土)

多くの修習生の方に,事務所訪問に来てもらいました。
土曜ということもあり,地方で修習している方にも来て頂きました。
当事務所は,大量に事務員を採用して機械的に作業させるような事務所ではなく,
一人一人の弁護士を採用して,丁寧に養成していくというコンセプトなので,
弁護士の採用は,非常に重要な問題です。
「人は城 人は生垣 人は堀」だと思うのです。

2008年2月22日(金)

先日,渋谷であった異業種交流会は,とても刺激的なものでした。
しかし,毎週朝7時に参加するというのは,事実上不可能なことなので,
正式に参加することは断念しました。
信頼できる仲間を作っていくことは重要なことだと思います。
ただ,自分の健康管理も重要なことだと思うのです。

2008年2月21日(木)

愛用していた革靴2足の底に,相次いで,穴が空いてしまったので,
修理に出していましたが,やっと戻ってきました。
靴に穴が空くというのは,刑事みたいな話ですが,
弁護士の仕事とはそういうものです。
色々な裁判所,警察,その他と事務所を行ったりきたりです。
富山から入所した弁護士は,2週間で足にマメができたと言っていましたが,
私の場合,足は頑丈なので,靴が悲鳴をあげました。

2008年2月20日(水)

「カイジ」のアンコール刊行版のパチンコ編その2を読みました。
ヤンマガで連載していたときは,最後がどうなるのか見逃してしまったので,
毎月,待ちきれない気持ちになっています。
Eカード以前のストーリーもよく分からないので,読みたいと思っています。

2008年2月19日(火)

昨夜は,新百合までのロマンスカーが終わっていて,
町田までロマンスカーで行くことにしたのですが,
依頼者から頂いたロールケーキをロマンスカー車内に置き忘れてしまいました。
新百合で気付きましたが,取りに行く電車がなく,
今朝,町田まで,取りに行ってきました。
せっかく頂いたものを処分してもらう気にはなれなかったのです。

2008年2月18日(月)

中途で当事務所に入所することを考えている弁護士2名と食事しました。
その内の1名は我孫子市出身で水戸の弁護士ということでした。
我孫子,高知,水戸といって地名が出てくると,
何となく嬉しく感じるものです。

2008年2月17日(日)

20日水曜日に,渋谷で異業種交流会があるというお誘いを受けたので,
参加してみようと思っています。
他の業種の方,他の資格をお持ちの方達と面識を持つのは有意義なことだと思います。
ただ,朝7時からというのがネックで,続けられるのかどうかは不明です。
睡眠不足になってしまいそうで,難しいかもしれません。

2008年2月16日(土)

大阪で,沢山の司法修習生に会ってきました。
大阪に生活の本拠を持つ修習生を採用して,
法律事務所の大阪支部を確立させたいと考えています。
なぜ大阪なのかと問われると,もちろん,大都市というのはありますし,
近畿の中心で,近畿周辺の依頼者に来てもらえるというのもあります。
新宿には,東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬等の方に来てもらえますが,
大阪には,大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・岡山等の方に来てもらえます。
しかし,甲子園球場の存在も大きいように思います。
春と夏と,少なくとも,年に2回は大阪に来ていますので。

2008年2月15日(金)

知り合いの交通事故の処理が解決して,その報告をしました。
交通事故は,とても身近なものです。
自動車が危険であるということを,
我々はきちんと認識すべきでしょう。

2008年2月14日(木)

先日,被害者側で受任して告訴した事件の公判を見に行きました。
被害者の意見陳述手続が行われ,被害者はきちんと自分の考えを言うことができました。
裁判官は,被告人に,謝罪する最後の機会かもしれないから,
顔を見て,きちんと謝罪するようにと促していました。
弁護士が入って告訴すれば,警察もきちんと動かざるを得ないし,
弁護士が被害者側に付いていれば,裁判所もより配慮することになることを実感しました。
弁護士を付けずに闘っている光市の被害者は賞讃に値すると思います。

2008年2月13日(水)

小学生の頃,父とキャッチボールをしていて,父が座り私が投手役をした後で,
少しだけ,私が座って父が投手役をしたことがありました。
その際,私が速球を受け損なって,顔にボールをぶつけてしまい,
父がひどく狼狽していたことを思い出します。
こどもの日に,所属していた少年野球チーム「サン・スパッツ」の親子大会で,
父が投手をしていたこともよく思い出します。
几帳面なフォームで,コントロールのいい投手でした。

2008年2月12日(火)

内定した修習生のうち,東京で修習している2名と食事しました。
2人はたまたま,東京地方裁判所の同じ部で修習しているということでした。
こんな偶然もあるんだなと思いました。
新しい仲間が加わる日を,待ち遠しく思いました。

2008年2月11日(月)

ウィル・スミスとそのかわいい息子が競演している「幸せの力」を観ました。
サクセスストーリーだと分かっていたので,あまり感情移入できませんでした。
しかし,何にしても,生きていくのは大変だと思いました。
ところで,ルービックキューブ攻略法をマスターしなければならないと思いました。
攻略できないまま,漫然と25年が過ぎてしまいましたから。
それから,部屋のポスターのマジック・ジョンソンの笑顔が素敵でした。
88年にバックトゥーバックしたレイカーズの華麗さを懐しく思い出しました。

2008年2月10日(日)

大阪事務所にあるべき備品が不足しているので,百円ショップで買ってきました。
棚,ハンガ,ゴミ箱,整理箱,時計,朱肉,セロテープ,物差し,計算機等です。
必要なものを100円ショップで買い揃えるのはなかなか楽しいものです。
アスクルの方が,手間はかからないし,ものはいいと思うのですが。
送料をかけては意味がないので,今度大阪に行く時に全部抱えていきます。

2008年2月9日(土)

刑事被害者告訴・示談,離婚手続,刑事手続,先物取引の4分野について,
簡単に説明するHPを作成しました。
シンプルすぎるというご批判もあるかもしれませんが,
我々が常識だと感じていることを整理して示すことに意味があると思ったのです。
マニアックな議論についての解説はいらないと思うのです。
交通事故,労働事件,遺産分割事件等についても早急に作成したいと考えています。

2008年2月8日(金)

最近,事件終了した人の紹介で,依頼者にご来所頂き,受任しました。
依頼者の紹介で,別の依頼者に来てもらうというのはとても嬉しいことです。
「依頼者が依頼者を呼んでくれる。」と,
弁護修習担当の先生が言っていたことを思い出します。
「こんなにすごい弁護士だったんだよ。」と,
依頼者が自慢したくなるような弁護士でありたいと思います。

2008年2月7日(木)

手に入れなければならないものなんて,何もない。
一人でそう言ってみたら,なかなか素敵な言葉のように思いました。
今のままでもいいんじゃないかと思うのです。
ありのままの自分でいいじゃないかと思うのです。
(体重・体型を気にするのは止めようと思うのです。)

2008年2月6日(水)

訴訟事件が2件,依頼者の相談が東京で2件,大阪で2件,
それ以外に,判例秘書の技術者とTV電話の技術者に来てもらって,
びっくりするような忙しさでした。
出張続きだったせいか,体調をおかしくしてしまったようで,
夜,フラフラになりながら帰りました。

2008年2月5日(火)

大阪・高知・大阪と,事務所を留守にすることが多かったこともあり,
夜,弁護士全員で近くのイタリアンに食事に行きました。
昼と夜に行って,3回連続で満席だったので,予約を取っていきました。
「弱い人,かわいそうな人,困っている人のために精一杯頑張ろう」
ということで,志を同じくしている実感があって,とても心強いです。

2008年2月4日(月)

午後から,再び,日帰りで大阪事務所に出張してきました。
大阪のアルバイト候補者達と面接して,採用を決め,
夜は3人の司法修習生と面接・会食しました。
3人とも司法研修所で同じクラス(7組)ということで,偶然の再会に驚いていました。
私も7組でしたが,司法研修所は楽しかったなぁと,昔を懐しく思いました。

2008年2月3日(日)

「天」に出てくるアカギと原田のやり取りについて考えていました。
アルツハイマーにかかり自ら死を選ぶアカギを,暴力団組長の原田は哀れむのですが,
アカギは原田に,お前は何もかも積み上げすぎて,自由でないだろうと哀れむのです。
成功を積み上げすぎることは非常に危険だと思います。
適当な遊びやナンセンスに思われるようなことが,時に重要だと思うのです。
ものごとがうまく進み始めているという感覚はあります。
だけど,そんなに慌てて進まなくてもいいんじゃないかと自分に言い聞かせています。

2008年2月2日(土)

坂本龍馬が潜伏していたという中城家の離れを見に行きましたが,
150年前の木造建物がそのまま残っていることに驚きました。
冷たい雨の中,中城家と弥長家の墓参りに行ってきました。
1868年の堺事件において,フランスは土佐藩士29名中20名の切腹を要求し,
私の高祖父の中城直顕は,白くじを引いて命拾いしたということです。
藩士達は切腹の際,自らの腸を掴み出し,フランス兵に次々と投げつけるなどしたため,
困惑したフランスは中止を要請し,実際に切腹したのは11名だったということですが,
29分の9(もしくは18)という140年前の幸運を感慨深く味わいました。

2008年2月1日(金)

中城文庫の開設式があり,坂本龍馬がお龍に贈り,お龍から,
私の高祖母→曾祖母→祖母→叔母と受け継がれた「帯留」も飾られていました。
祖母方の曾祖父弥長勝衛の「日露戦争捕虜記録日記」もありましたが,
祖父方の曾祖父岡林信衛の「日露戦争従軍日記」は見当たりませんでした。
坂本龍馬が中城家に潜伏していた際に眺めたという襖を見て,
彼は何を思ったのだろうかと考えたりしました。
午後は,岡林家の墓参りに行った後,
実刑前科3犯(うち,同種前科2犯)の被告人(覚醒剤取締法違反)に,
執行猶予判決(懲役2年,執行猶予5年)が出たとの報告がありました。
どうしても執行猶予にしたかった事案で,事務所の総力を結集した結果だったので,
何よりも嬉しくて,両方の拳を力強く握りしめました。