トップページへ戻る
日記09年05月
日記09年07月
2009年6月30日(火)

勉強会でお世話になっている先生に,ご来所頂きました。
たまたま,ある事件で,相手方の代理人になっていたので,
事務所見学がてら,事件の話もしようということになったのです。
債務整理関係や交通事故,消費者事件等であれば,
相手方に親しい弁護士が付くことは滅多にありませんが,
刑事事件の被害者側や離婚事件,遺産分割等であれば,
相手方に知り合いの弁護士が付くこともときにはあります。
(何にでも例外はあって,某巨大サラ金業者の代理人に,
中学・高校の同級生がついていて,頭が痛いです。)

2009年6月29日(月)

告別式で,所長弁護士は,「どうか皆さん,泣かないでください。
母は今頃,父と楽しく過ごしているでしょうから。」と挨拶していました。
この人は,ただものではないと思いました。
前から思っていたことですが。
御大が我々に教えてくれたように,私が各弁護士に教えられるかは疑問ですが,
可能な限り,伝えていきたいと思っています。
というか,一緒に悩んで迷って考えて,前に進んでいきたいと思います。

2009年6月28日(日)

以前いた事務所の所長弁護士のお母様が亡くなり,
そのお通夜に行ってきました。
依頼者の義母が亡くなった際に,お通夜と告別式と両方行くものだと,
教えてくれたのが所長だったので,今回も両方行くことにしました。
弁護士のいろはを教えて頂いたと思っています。

2009年6月27日(土)

9月に,横浜支部を出すことにしているので,物件の調査を開始しました。
横浜市の人口は約365万人で,大阪市の人口約265万人よりも多く,
横浜の依頼者は多いので,支部の必要性を感じています。
大阪の方と異なり,新宿に来て頂くことも不可能ではないのですが,
可能な限り,依頼者の方が利用しやすい事務所でありたいと思っています。

2009年6月26日(金)

内容証明郵便は,インターネットで出せる(電子内容証明郵便)のですが,
今までは私一人で発送していたところ,最近,各弁護士に任せるようにしました。
全て,私一人でやっていてはなかなか進みませんし,
各弁護士が,任せられるだけの力を付けてきているのです。

2009年6月25日(木)

イチローが,シーズン100安打を達成しました。
開幕後8試合欠場して,心配しましたが,
その後は順調に来ています。
9年連続200安打は大丈夫そうです。
イチローのおかげで,毎朝,ヒットの有無を確認する喜びがあります。

2009年6月24日(水)

名人戦の最終第7局で,羽生四冠が,挑戦者の郷田九段を退け,
辛くも名人位を防衛しました。
最近のタイトル戦では,ずっと最終局まで行っていますが,
紙一重で名人位を守ったのは大きいです。
名人こそが,将棋指しにとって,最高の勲章でしょうから。

2009年6月23日(火)

我孫子市役所に呼ばれて,市長に会ってきました。
我孫子市の人権擁護委員になってくれないかというお話で,
我孫子市在住の弁護士がなることになりました。
我孫子もそうですが,少しでも,地域に貢献していきたいと思っています。
電車の中で,新堂冬樹氏の「女王蘭」を読みました。
本を読みたい熱が続いていたのですが,春樹と冬樹では大違いと思いました。

2009年6月22日(月)

「1Q84」を最後まで読み終えました。
仕事しているときも,読みたくて読みたくて仕方ありませんでした。
読んでいてすごく心地良く感じるような傑作でした。
大柄で最高権力者の教祖が少女達と交わるが,暴行ではなく,
少女達(の分身)が,教祖との子孫を残そうとしてのことで,
殺し屋が教祖を殺そうとするが,教祖は死にたがっているのであって,
性と死についての逆説がスパイスになっていました。

2009年6月21日(日)

昼間,本屋で,「1Q84」の1と2を見付けて,買いました。
読み始めて,これは素晴らしいと思いました。
村上春樹は,使う言葉が人と違います。
別の世界を作り出してしまうのです。
本の内容も,そういう話ですが。
夜,録画してあったTVドラマの「刑事一代」の前編・後編を一気に見ました。
本物の刑事とは,ああいうものだろうと思いました。
一つ一つの事実を頭に入れて整理しておかないと,
局面を打開することはできません。

2009年6月20日(土)

事務所で仕事した後に,親族のお通夜に行きました。
ガンだったということです。
ガンは恐ろしいと,心から思います。
亡くなった方のことも思いますが,
残された家族のことを考えてしまいます。

2009年6月19日(金)

14件の打ち合わせがあり,手帳に書く欄がなくなり,大変でした。
(実際には,土曜の欄にはみ出して書きましたが。)
とにかく,一つ一つの事件を一生懸命やるだけだと思っています。
依頼者が依頼者を呼んでくれるという,
修習先の弁護士から頂いた言葉を大切にしています。

2009年6月18日(木)

弁護士2名と和食を食べに行きました。
カツオの叩きがこぢんまりしていて驚きましたが,
全体的に美味しかったです。
男性弁護士のカス話という名の打ち明け話が面白かったです。
ここには書けないような内容でしたが。

2009年6月17日(水)

先週と同様に,ビールを飲み,ピザを食べながら,事務所で,
サッカー日本代表対オーストラリア戦を見ていたのですが,
またしても,逆転負け。
ドイツワールド杯予選の再現のようでした。
青い彼らは,悔しさというものを感じないのだろうかと疑問に思いました。

2009年6月16日(火)

名人戦第6局で,羽生四冠は,挑戦者の郷田九段に勝ち,
カド番を凌ぎ,3勝3敗としました。
王将戦と同じように,カド番からの連勝ができるでしょうか。
竜王戦で3連勝4連敗のショックはひきずっているのですが(私が),
名人位だけは,何とか死守して欲しいものです。

2009年6月15日(月)

ヤングマガジンで,突如,「カイジ」の連載が再開されました。
テンションが急上昇して,毎週の楽しみが増えると思いました。
マガジンの「賭博覇王伝 零」の方は休載中ですが,
きっと,両方書くのは不可能なのでしょう。
近代麻雀の「アカギ」も牛歩の如く,連載が続いていますから。

2009年6月14日(日)

弁護士会の法律相談に人が集まらなくなっているという話を聞きました。
広告をしなければ,依頼者が集まらないという時代だというのです。
確かに,TV,ラジオ,新聞の折り込み,電車内の広告等,
あらゆるところに,法律事務所や法務事務所の名前が目に付きます。
そこまでしなければいけないのかもしれませんが,
そこまでするのには抵抗があるのです。

2009年6月13日(土)

昨年の6月13日には,良いことがありました。
良いこともあれば,悪いこともあるのが人生と,つくづく思います。
様々な意味で,今が一番良い時ではないかと思います。
大きな失敗を犯すことのないようにしたいものです。

2009年6月12日(金)

過払い金を必死になって回収し,依頼者に返還しようと思ったら,
依頼者が亡くなっていたということが,ありました。
訴訟係属中に依頼者が亡くなることもあり,
その場合には,相続人の訴訟委任状を作成・提出する必要があります。

2009年6月11日(木)

弁護士2名ずつと食事に行く企画で,懐石料理を食べに行きました。
料理は弁護士に決めてもらっているのですが,年齢のせいか,
焼き肉ガッツリより,和食しっぽりの方がありがたく思います。
しかし,弁護士1名は,夜のカフェイン不可ということで,
最後に,抹茶ではなく白湯を飲んでいました。
なんでも,眠れなくなるのだそうです。

2009年6月10日(水)

W杯出場決定後の凱旋試合を,事務所のTVで,
ビールとピザと共に,何人かで見ていました。
オウンゴールで1点取っていい感じだったのですが,
やっぱり後半,カタールに追いつかれました。
出場を決めただけで,喜ぶべきなのかも知れません。

2009年6月9日(火)

債務整理の相談はもともと多く,離婚の相談も増えているのですが,
最近は,労働事件の相談も増えてきています。
借金と孤独(離婚)と失業は,自殺につながる3要因ではないかと思います。
一人でも多くの人が,自殺への誘惑から生還できるように,
お手伝いしていきたいと思っています。

2009年6月8日(月)

当事務所の面接を希望するという修習生が沢山いて驚きます。
興味を持ってもらえることはありがたいことです。
ただ,修習生の数が増えたことで,就職難なのかと思うと胸が痛みます。
一方で,地方には,弁護士を必要としている人が沢山いるのに,
どうしてこのような不均衡が生じるのか,理解に苦しみます。
可能な限り,支部を増やし,採用を増やしたいと思っています。

2009年6月7日(日)

若い弁護士が増えて,書面を書くことよりも,
書面を読むことの方が多くなりました。
足りないと思うこともありますが,
良く書けてるなあと感嘆することもしばしばあります。
「青は藍より出でて,藍より青し」になって欲しいと思っています。
昔は,「岡林は本田より出でて,本田よりおかばやし」(敬称略)
などと,意味不明な独り言を呟いていたものですが。

2009年6月6日(土)

サッカーW杯最終予選で,日本はウズベキスタンに,1−0で勝ち,
世界最速でのW杯出場を決めました。
内容はともかく,決めてくれたことが大きいです。
これで,来年の楽しみが増えました。
できれば,世界最速で予選敗退が決まるというのは止めて欲しいのですが。

2009年6月5日(金)

名ばかり店長の事件の期日がありました。
店長という名の下に,月400時間も働いていたという事件です。
当事務所の弁護士の労働時間は,概ね週50時間で,
1ヶ月4週間とすると,約200時間になります。
その倍の時間,働いていたわけですから,
よく死ななかったものだと思います。

2009年6月4日(木)

近代麻雀は,1日と16日に発売されているようですが,
「アカギ」は,1日の方にしか連載されていないので,
私は,1日発売の近代麻雀しか読んでいません。
このため,「アカギ」以外の漫画は,話が飛び飛びになっていることがあります。
2月15日号で終わってしまった「リスキーエッジ」の最終回を見たいのです。

2009年6月3日(水)

ある中堅サラ金業者に対して,財産開示の申立をしている件があり,
もう少しで認められそうです。
多くの業者は和解して過払い金を払ってくるのですが,
和解に応じなくなると,強制執行をすることになり,
強制執行が奏功しなくなると,財産開示を申し立て,
財産開示に応じないと,破産申立をしてという図式になります。
今年辺りから,サラ金業者の破産という時代になっていくと思われます。

2009年6月2日(火)

弁護人2名で,検察官に面談してきました。
他の事務所はどうしているか分かりませんが,
刑事事件において,検察官に会いに行くことは有効です。
相手も人間ですから,会って話せば,通じることは多いのです。

2009年6月1日(月)

先週末に,弁護士がインフルエンザにかかり,
今週は,しばらく休むことになっています。
新型ではなく,B型ということなのですが,
感染すると大変なので,休んでもらっています。
我々の社会の脆弱さを思い知ったりします。