トップページへ戻る
日記09年01月
日記09年03月
2009年2月28日(土)

昨夜5キロ走りました。
今朝3キロ,夜5キロ走りました。
平日はなかなか走れないので,
週末にまとめて走りたくなります。

2009年2月27日(金)

62期修習生の面接を開始しました。
もう少し早く採用活動を始めても良かったのですが,
まずは,61期修習生とフィットしていくことが先決と思っていたのです。
新しい仲間に出会えるのは楽しみなことです。

2009年2月26日(木)

千葉地裁佐倉支部の交通事故の事件は,大詰めを迎えています。
しかし,ただ,事件を処理するということだけでなく,
交通事故で,何の落ち度もない被害者が,
重い後遺症を一生抱えていくという事実を,
我々は,もっと重く受け止める必要があると思います。

2009年2月25日(水)

水戸地裁での控訴判決があり,当方が勝訴しました。
一審が取手簡裁の事件で,控訴された後に受任した事件でした。
一件落着と言いたいところですが,
東京高裁に上告される可能性は残っています。

2009年2月24日(火)

相手方弁護士が来所したのですが,見るからに新人という雰囲気でした。
弁護士たるもの,相手方になめられてはいけないと思います。
弁護士になりたてとか,年が若いとか,本当は不勉強とか,経験不足とか,
そういったことを相手方に悟られるようではいけません。
ハッタリも,ときには必要です。

2009年2月23日(月)

13件のアポがあり(うち1件はキャンセルになりましたが),
手帳の余白がなくなりかけています。
もう少し大きい手帳にすべきかもしれませんが,
内ポケットに入る愛用の訟廷日誌を手放せません。

2009年2月22日(日)

7キロ走ってきました。
いつものコースで5キロ走ってから,
追加で2キロ走るという組立です。
体調と相談しながらやっています。

2009年2月21日(土)

事務所に出たのですが,ひたすら片付けをしていました。
弁護士は,書類の片付けにかなりの時間をさいている気がします。
整理術という本が売れるのもよく分かります。
とは言え,記録や書類を整理しないと,頭の中も整理できない気がするのです。

2009年2月20日(金)

刑事事件の判決が出ました。
求刑は懲役6年でしたが,判決は懲役4年4月でした。
刑事弁護としては成功だったかもしれませんが,
被害者のことを考えると,手放しで喜ぶことはできません。

2009年2月19日(木)

弁護士法人の支部が増えているというお話を聞きました。
都市と地方とを比較すると,地方の方が弁護士が不足しており,
法人の支部が増えるというのは,当然の動きだと思います。
当事務所でも,そういった動きに対応して,
広い地域の方の依頼に応えられるようにしていきたいと考えています。

2009年2月18日(水)

様々な勧誘・営業の電話,DM,メール等が止まりません。
マンションを買いませんかと言ったお話を聞いている時間はありません。
そんなにおいしい話なら,どうしてあなたがやらないのか,
と言いたくなってしまいます。

2009年2月17日(火)

「世界のトップリーダー英語名言集」というCD付きの本を購入しました。
自分が成功したと思っている人は,色々とアドバイスしてくれるのですが,
「正しく物事を遂行するのが経営であり,
正しいことを行うのがリーダーシップである。」
「Manegement is doing things right;
leadership is doing the right things.」
というピーター・ドラッカーの言葉には感銘を受けました。

2009年2月16日(月)

土曜に,事務局に新規相談のお電話があった方に,今朝かけ直したところ,
自殺してしまったとのお答えで,呆然としてしまいました。
土曜に,こちらからお電話したところ,電話が通じなかったのです。
まだ依頼者ではなかったにしても,相談者に自殺されるのは初めてのことで,
自分たちの無力さを思い知りました。
誰であれ,どのような状況であれ,自殺だけはしないでほしいと,
心から思っています。
自殺より良い方法は,必ずあるはずなのです。

2009年2月15日(日)

5キロ程走ってきました。
いつも,同じコースです。
同じことの繰り返しな生活が嫌いではないです。
単調なことの繰り返しでリズムを作っているのかもしれません。

2009年2月14日(土)

土曜日ですが,出所しました。
膨大な迷惑メールを削除したり,
事件のメールをフォルダに振り分けたり,
必要な返信をしたりで,午前中が終わってしまいます。
我々は,実に多くの時間をメールの送受信に費やしていると思います。

2009年2月13日(金)

事務所の入っているビルの外側のガラスのクリーニングのために,
業者が窓の外に出たり入ったりしました。
事務所内の記録が散逸してしまったりすると困るので,
外部の業者が室内に入ることには神経質になってしまいます。

2009年2月12日(木)

当事務所では,様々な種類の事件を受任しています。
男女関係で色々な事件があり,通行権関係の事件もあります。
できるだけ多くの方の依頼に応えられる事務所でありたいです。
また,できるだけ広い地域の方の依頼に応えられる事務所でありたいです。

2009年2月11日(水)

少し早めに帰ってきて,サッカーW杯最終予選,日本対豪戦をTVで見ました。
結果は,0対0,ホームで引き分けですが,
負けなくて良かったというところかもしれません。
オーストラリアというと,06年ドイツW杯予選リーグ緒戦が忘れられません。
1対0で迎えた後半39分から3点入れられるなんて,信じられません。
しかし,あれが,サッカー日本代表の真の姿だと思います。

2009年2月10日(火)

多重債務関係の弁護団会議に参加しました。
その後,打ち上げと二次会に出て,終電で帰ってきました。
同じような問題意識を持って,同じような相手と闘っている方と話して,
情報を共有できることは有意義で楽しいことです。

2009年2月9日(月)

先週出せなかった4件の過払い訴訟を,東京地裁に提起しました。
少しでも早く依頼者に過払い金を返したいので,
できるだけ早く動くようにしています。
引き直し計算を急いでする以外には,交渉段階を短くして,
できるだけ早く提訴することが必要だと思います。
交渉では,利息も含めて満額支払ってこない業者が増えているので。

2009年2月8日(日)

日曜日はゴロゴロしていることが多いです。
自宅の上にも,本や書類などが積み重なっているのですが,
整理することもなく,長い間,そのままになっています。
頭を休めているつもりなのですが。

2009年2月7日(土)

お墓参りに行ってきました。
我々をお守り下さいと,父祖にお願いしてきました。
もちろん,何もかも私の肩にかかっているし,
私がしっかりしなければいけないことは分かっていますが。

2009年2月6日(金)

昨日5件,今日9件,過払いの訴訟を,主に東京地裁に提起しました。
弁護士が11名いるので,分担して訴訟を起こすのは容易です。
訴訟を起こさないと満額支払ってこない業者が増えているので,
訴訟を起こすのを躊躇しない体制を作ることは不可欠です。
そして,力をつけた弁護士こそが,事務所の力の源泉だと信じています。

2009年2月5日(木)

CD2枚付きの完全保存版「オバマ大統領演説」を買いました。
ジョン・F・ケネディの就任演説も入っています。
「わがアメリカの同胞達よ,国があなたのために何をしてくれるかではなく,
あなたが国のために何ができるかを問おうではありませんか。」
ケネディが大統領になったこともアメリカの力なら,
オバマが大統領になったこともアメリカの力だと思います。
日本でこのようなリーダーが生まれうるのでしょうか。

2009年2月4日(水)

近所の定食屋の豚しょうが焼き定食は,なかなか美味しいです。
しょうが焼きに,タマネギは必要かという話題になったことがありますが,
私は不可欠だと思います。
タマネギの甘みが良い感じで,ここのしょうが焼きはグッドです。
去年までは,カレー中心のメニューだったのですが。

2009年2月3日(火)

オバマ大統領の演説をiPODでよく聴いているのですが,
内容も良いのですが,声も良いと感じます。
乱暴な言い方ですが,端的に言って,優れたラッパーだと思っています。
かねてから,最初のラッパーは,モハメド・アリだと信じています。
アリにしろ,オバマにしろ,自分の信念に忠実な姿勢,
自分の信念を誠実に伝えようとする姿勢が,人の心を打つのだと思います。

2009年2月2日(月)

千葉地裁で,刑事事件の期日がありました。
先週末に示談が成立していることもあって,
やるべきことはやったという実感はあります。
ただ,公判廷でも,被告人に反省・謝罪の気持ちを,
裁判官に伝えてもらう必要があります。
今年は,裁判員裁判が導入されるので,
裁判員に共感してもらうということを意識しなければなりません。

2009年2月1日(日)

今日の日本経済新聞のSUNDAY NIKKEIに,
自己破産についての私のコメントが載りました。
自己破産のデメリットはさほどないということを強調しました。
実際に,自己破産は大したことではないので,
自分のため,家族のため,将来のため,生活のために,
自己破産をする勇気を持って欲しいと思います。
多重債務に苦しんでいる方に,人生をリセットして欲しいのです。