トップページへ戻る
日記09年03月
日記09年05月
2009年4月30日(木)

30日,1日は暦通りに営業していますが,
今日も,11名の方に来所して頂きました。
連休の合間の方が行きやすいという方もいました。
もう少し頑張れば,連休で,一段落します。

2009年4月29日(水)

ヤクルトの森岡選手は,なかなかヒットが出なくて,胃が痛いです。
早大4年生の松下投手も,出番が減っていて,二人とも土俵際です。
上のレベルで野球を続けるのは,それだけで大変なことです。
明徳出身で最も期待できるのは,亜大の中田選手だと思います。
来年はプロ入りして欲しいものです。

2009年4月28日(火)

離婚を受け入れてもらうために,相手方の自宅にお邪魔しました。
家事事件の場合には,直接会って話さないと,
始まらない面があると思います。
それぞれの人に,それなりの言い分があるのでしょうから。

2009年4月27日(月)

刑事事件の判決言渡があり,求刑が懲役3年のところ,
判決は,懲役2年でした。
控訴される可能性もあるくらいの下がり方でした。
何も無罪を主張するだけが刑事事件ではありません。
確実に実刑という場合でも,弁護士としてやるべきことがあるはずです。

2009年4月26日(日)

2月23日に,民事再生の申立をしたSFCGですが,
3月24日には,民事再生手続が廃止となり,
4月21日に,破産手続開始決定がなされました。
つまり,民事再生ではなく,自己破産手続により,
流出・隠匿した財産等を全て洗い出そうという流れになっています。
SFCGが当然受けるべき罰なのですが,他のサラ金業者に対しても,
安易な民事再生は許さないという裁判所のメッセージのようにも感じます。

2009年4月25日(土)

昨日は,離婚事件の期日が2つあり,
今日は,事務所の弁護士が依頼者と共に,
相手方(弁護士も同席)に会いに行っています。
離婚事件に対する姿勢というのは,弁護士によって様々かも知れませんが,
私は,極力,依頼者の意向に添いたいと思っています。
婚姻の継続が客観的に困難と思われる場合であっても,
依頼者が望むなら,婚姻を継続させる方向で努力したいと思います。
離婚事由が見つからず,離婚が客観的には難しい場合であっても,
依頼者が望むなら,離婚する方向で努力したいと思います。
答えはなかなか見つからないと思います。
そして,依頼者は,答えを探しているのではなく,
自分の話を聞いてくれる人を求めているのだと思うのです。

2009年4月24日(金)

会計関係の資料(領収書等)が膨大になってきたので,
昨日から,税理士事務所の方に,月2回程度来てもらうことにしました。
専門的なことは,その分野の方に任せてやっていかないと,
時間がいくらあっても足りません。
極力,本業に集中したいと思っています。

2009年4月23日(木)

自由国民社の方から,「払い過ぎた借金を取り戻すならこの一冊」(過払い本)
の売れ行きが良く,増刷したいというお知らせを受けました。
非常に光栄で,嬉しいお知らせでした。
今だに,過払い金の存在に気付かずに,
払わなくて良い借金を支払い続けている方達が多いので,
まずは疑問に思って欲しいという一心で,書きました。
どんな形でも良いので,最初の一歩が非常に重要です。
とにかく誰かに問い合わせてみて欲しいのです。

2009年4月22日(水)

今日予定されていた証人尋問は,
相手方が欠席したために,延期となりました。
14時と4時を間違えていたようです。
今までに経験のないことですが,
弁護士がついていない本人訴訟だとこういうこともありうるかもしれません。
夜中まで反対尋問の準備をしていたので,拍子抜けでした。

2009年4月21日(火)

4月21日火曜日
昼ははなまるうどんで,夜は源ラーメンでした。
昼も夜も麺類でバランスがどうなのかという問題はありますが,
さくっと食べて,早く仕事に戻りたいというのがあります。
また,事務所には,ラーメンを苦手とする弁護士がいるので,
その弁護士がいないときには,ラーメンを食べておこうという意識も働きます。

2009年4月20日(月)

被害者側で受任している刑事事件の公判が2件ありました。
1件は,高裁の事件で,被害者の意見陳述の書面を,検察官に代読してもらいました。
(高裁なので,被害者参加はできません。)
もう1件は,地裁の事件で,被害者参加しており,
被害者として,被告人に対して質問するなどしました。
また,刑事事件を利用した損害賠償命令をすでに申し立てています。
被害者の権利保護という流れは正しいと思っていますし,
我々はそれに対応していく必要があります。

2009年4月19日(日)

3キロ走ってきました。
身体が重くてなかなか走れません。
体重が増えているのもよく分かっていますが,
気分が悪くなるので,体重計にも乗りません。
それでもとにかく,少しでも運動することは重要だろうと思っています。

2009年4月18日(土)

回転寿司を食べに行きましたが,
16日の週は,トロ週間で,トロが半額になっています。
それで,トロを食べまくりました。
ただ,とにかく混んでいて大変でした。

2009年4月17日(金)

弁護士会で,相手方弁護士と面会しましたが,
何が原因か分からないのですが,突然キレて,怒って帰ってしまいました。
あまりにも大人げない態度でビックリしました。
中学・高校の運動会の際,声が小さいと応援団長が教室を出ていってしまい,
残った応援団員が,「団長さん怒って帰っちゃったぞ」と言って下級生を脅かす
というシナリオがありましたが,そういう昔懐かしいお芝居ではなく,
相手方の先生は本当に帰ってしまいました。

2009年4月16日(木)

WBC後に胃潰瘍になっていたイチローがついに復帰し,
日米通算3085安打を満塁弾で達成しました。
野球で胃潰瘍になるというその真摯な姿勢に胸が熱くなります。
開幕から8試合の欠場という代償は払いましたが,
WBC連覇という大勲章を胸に,9年連続200安打の偉業に挑んで欲しいものです。

2009年4月15日(水)

甲州街道沿いのはなまるうどんは,最近のお気に入りです。
今までほとんど行ったことがありませんでしたが,
コロッケやかき揚げ,サラダやおにぎり等を追加できるのが嬉しくなります。
はなまるに行き慣れた弁護士は,そんなに嬉しくなさそうですが。

2009年4月14日(火)

夜,1000円カットで,髪を切ってきました。
甲州街道沿いに1000円カットの店ができたので便利になりました。
節約というよりは,時間をかけたくないというのが強いです。
髪を切るために予約するなんて,かったるくてやってられません。
昔,美容院で耳を切られたこともあったし。

2009年4月13日(月)

事務員さん5名とランチをしてきました。
当事務所は弁護士11名に対して,事務員6名(1人お休みでした)で,
他の事務所に比べて,事務員の割合が少なく,負担も大きいだろうと思います。
そして,事務員が考えていることを把握しておかないと,
法律事務所として,問題が生じるだろうと思っています。

2009年4月12日(日)

離婚事件その他の家事事件の受任数が増えてきたように感じています。
家事事件の場合は,依頼者のお話を聞いたり,調停に出頭したりで,
ある程度の弁護士数が必要となりますが,
当事務所も弁護士数が増えたことで,受任数を増やせるようになってきました。
離婚事件を受任して,誰かの悩みを引き受けることは,
とてもやりがいのあることです。

2009年4月11日(土)

古くからご依頼頂いている依頼者の方もいて,
もう7年以上のお付き合いになるような方もいらっしゃいます。
長い間,信頼して頂けることはありがたいのですが,
その方が,様々なトラブルに巻き込まれる傾向があり,
なかなか落ち着いた生活になっていないようなのが残念です。

2009年4月10日(金)

ある不動産事件の弁論準備手続がありました。
次回は,いよいよ証人尋問手続です。
最初のボス弁は,証人尋問が山場だといつも言っていましたが,
私もそう思います。
ただ,できれば,証人尋問の前に勝負をつけたいと思っています。
それが難しければ,証人尋問で白黒つけるしかないと思います。
特に,相手方に対する反対尋問は,練りに練る必要があります。

2009年4月9日(木)

11件の来客がありました。
3つの応接室をうまく使わなければなりません。
打ち合わせにかかる時間や,前の裁判が長引く可能性,遅刻する可能性等,
アポを入れる際には様々なことを考えます。

2009年4月8日(水)

夜,7人の修習生と面接しました。
司法試験の合格者が増えている関係で,
司法修習生の就職活動は大変だという話を聞きます。
需要はあるはずなので,就職難になるのはおかしいと思うのですが。
私は弁護士に対する需要は多いと考えているので,採用活動をしています。
むしろ,需要のある弁護士でありたいと思っているのです。

2009年4月7日(火)

中学の頃からの友人の依頼を受けている件があって,
先日も,打ち合わせに来てもらいました。
プロレスごっこをしていた仲間が,依頼者になり弁護士になるというのは,
不思議な感じがしますが,弁護士冥利に尽きるとも言えます。
友人に依頼してもらえるのは嬉しいことです。

2009年4月6日(月)

高知県春季大会決勝は,明徳が高知に勝ち,明徳1位,高知2位で,
共に四国大会に出場することになりました。
センバツ代表2校を輩出する愛媛県勢との距離を縮めて欲しいものです。
明徳は,昨春の中京大中京戦でサヨナラヒットを打った石橋選手が,
主将でエースとなり,打順は2番を打っています。
その勇姿を,再び甲子園で見たいものです。
高知 000 000 001  = 1
明徳 200 202 10× = 7
[高]公文−木下
[明]石橋−河合

2009年4月5日(日)

高知県春季大会準決勝で,明徳は10−0で高知南を下し,
高知と共に決勝に進出しました。
最近の高知県の決勝は,いつも,このカードのように思います。
高知県からはセンバツに出ていないので,チャレンジマッチがなくて,
何とも情けない限りです。

2009年4月4日(土)

今週は,裁判所の都合で,裁判期日は1件しかありませんでした。
全員揃っているので,水曜には事務所会議を開きました。
それぞれの事件について,報告したり,悩みをぶつけたりできます。
仲間がいることの意味が大きいと思います。

2009年4月3日(金)

高知県春季大会準々決勝で,明徳は8−1で土佐を下し,準決勝進出です。
土佐高には是非復活して欲しいのですが,
昨夏は高知中央に初戦敗退でしたし,なかなか道は遠いです。
夏は89年以来,春は93年以来,甲子園から遠ざかっています。
明徳対土佐というと,2000年夏の決勝を思い出します。
明徳 000 000 004 = 4
土佐 000 000 020 = 2
私は当時,司法修習生で,警察官について,痴漢探しに同行して,
携帯で試合状況をチェックしていましたが,手に汗握る展開で,
8回裏にビックリし,9回表にさらにビックリした記憶があります。

2009年4月2日(木)

センバツ決勝は,クールに頭脳的なピッチングを続ける清峰・今村と,
感情をむき出しにしたアクションと共に剛球を投げ込む花巻東・菊池との
投げ合いになりましたが,1−0で勝ったのは清峰でした。
清峰は,06年春に大活躍し,準決勝でPLを敗ったのですが,
決勝は横浜に0−21と大敗しましたが,ようやくその借りを返しました。
WBCの時期に活躍する高校ですが,次のWBCのときはどうなるでしょうか。

2009年4月1日(水)

センバツと並行して,高知県の春季大会が始まっています。
センバツ代表校がある場合は,センバツ代表校と春季大会優勝校とが,
いわゆるチャレンジマッチというものを戦います。
その結果によって,春の四国大会に進む順位が決まります。
センバツ代表校がない場合には,春季大会の優勝校と準優勝校が,
そのまま,1位・2位として,春季四国大会に進みます。
明徳は,春季大会の初戦で,高知東工に10−2で勝利しました。