トップページへ戻る
日記09年08月
日記09年10月
2009年9月30日(水)

9月ももう終わりです。
05年10月からこの駄文(日記)を書き始めていて,もうすぐ丸4年です。
読む価値があるのだろうかと疑問に思うこともありますが,
書き続けることに意味があると思っています。
生き続けることと同じようなものです。
生きる価値を問うたりするのは健全なことではないというのがポリシーです。
答えのないことについて,考えすぎるのは良くありません。

2009年9月29日(火)

「払いすぎた借金を取り戻すならこの一冊」の改訂版ができあがりました。
初版は,4500部刷って完売で,改訂版は,4000部刷る予定ということです。
昔から,自由国民社の本を愛読していたので,
自由国民社から本を出版して,改訂するとは,夢のようです。
一人でも多くの人が,この本を読んで,自殺を考え直したり,
人生をやり直そうと思ってくれたら,これに勝る喜びはありません。
何のために仕事するのか,何のために事務所を拡大するのかと問われたら,
「誰かの役に立ちたいから」というのが答えですが,分かりやすく言うと,
少しでも自殺を食い止めたいと思っているのです。
借金,孤独,失業,刑罰,詐欺等々の悩みを共に背負いたいと思っています。
だからこそ,債務整理,離婚事件,労働事件,刑事事件,消費者事件等々を,
受任して,少しでも弱い人の力になりたいと願っているのです。
なぜなら,私こそが弱い人間だから。

2009年9月28日(月)

イチローは,180試合ぶりに,2試合連続無安打に終わりました。
渋い記録でしたが,途絶えてしまって残念です。
前日,三振の後に,バットで地面に線を引き,審判への侮辱行為として,
生涯初の退場となり,リズムが変わってしまったかもしれません。
商工ローンの勉強会に参加しましたが,サラ金業者の経営が,
どんどんおかしくなっているという話で盛り上がりました。

2009年9月27日(日)

朝青龍が,決定戦で白鵬を下し,4場所ぶり,24度目の優勝を決めました。
相撲に真摯な姿勢とは言い難いですが,勝負強さは認めざるを得ないでしょう。
ただ,誕生日に鳩山首相に祝福された今回が,最後の優勝になる恐れもあります。
01年5月場所で,当時の小泉首相に祝福された貴乃花のように。
優勝回数で北の湖に並んだし,今回程のモチベーションは持ちにくいと思います。
愛田朱美氏の「ホストの女房」を読みました。
浮気の定義が興味深かったです。

2009年9月26日(土)

法律事務所の研究会に参加しました。
全国の各先生方が,様々なことに取り組んでいて,大いに刺激を受けます。
高知県予選で,明徳は清水を12対2で下し,4強進出です。
土佐も,高知商との接戦を6対2で制し,4強進出です。
夏も初戦敗退した高知商の低迷ぶりは,悲しくなってしまいます。
来週の準決勝,明徳対土佐は,因縁の対決で,熱戦の予感がします。
明徳・高知・土佐の3校で,四国大会に進んで欲しいと希望しています。

2009年9月25日(金)

朝6時に起きて,7時の電車に乗り,東京駅で修習生と合流し,
はやてで,仙台に向かいました。
いくつかの物件を見てから,東京修習の時の同班の弁護士2名に会い,
推薦人としての署名をして頂き,牛タン定食「極」を食しました。
東京に戻り,別の修習生にチェンジし,名古屋に向かいました。
ほぼ決まっている物件をもう一度見てから,
駅前の事務所の先生に,推薦人として署名して頂きました。
帰りののぞみで,みそかつ弁当を食べました。
仙台と名古屋という新天地で頑張っていこうと張り切っている若者2名を,
応援したいと強く思い,また,少しうらやましくなりました。
羽生四冠が3連勝で王座を防衛(18連覇)し,四冠を堅持しました。
将棋(野球)が好きで,自分と向き合い,飽くなき向上心で技術を高め,
記録を更新し続ける姿に,イチローと似たものを感じます。

2009年9月24日(木)

12月から新たに弁護士になる修習生について,
推薦人になってもらう先生方何名かに連絡しました。
高校の後輩で,同期の弁護士は,7月にフットサルをやっていて,
大怪我をして,入院していたと聞いて,とても心配です。
高校の同級生にも,推薦人になってもらうことをお願いしました。
明日は,午前中は仙台に,午後は名古屋に行って,
物件を見て,推薦人の先生方にご署名をお願いします。
土曜日と来週火曜日にも,別の先生方にお願いすることになっています。

2009年9月23日(水)

ランニングの際は,カンゴールのニット帽を被っています。
ニット帽を被るのは汗をかくためではなく,
100円ショップで買ったちんけなヘッドホンを固定するためです。
カンゴールなのは,LLCOOLJに憧れて20年くらい前に買いました。
Ladies Loveな(女性に優しい)事務所でありたいのですが。

2009年9月22日(火)

「あいつはハイスクールで,一番タフでクール,そしてワイルド」は,
「19のままさ」ではなく,「想い出のファイアーストーム」でした。
後者は高校時代(18歳)の話で,前者は予備校時代(19歳)の話でした。
「予備校の湿っぽい廊下で,あの娘を見つけた」
そして,「やっと,試験に受かったと,喜び勇んで歩く並木道」(「遠くへ」)は,
合格後(20歳?)の話で,この3つが入った浜田省吾の
「Edge Of The Knife」は大好きです。
「遠くへ」は,iPODを購入した後の4年間で,1030回聴いています。
もちろん,私の中の1位ですが,一曲10分51秒(651秒)で,
67万0530秒=1万1176分=186時間=約7.8日
ぶっ通しで聴き続けても,約8日かかります。
下北沢の四畳半に,テープを置いていってくれた友人に感謝しています。

2009年9月21日(月)

昨日,「バーンアフターリーディング」のDVDを見ました。
ブラッド・ピットの最後に,とにかくビックリしました。
最近,ジョージ・クルーニーの映画をよく見ている気がします。
HPのアクセス数が,24万件を超えました。
約4年間の数字なので,平均すると,1年間で約6万件,
1日だと,約150件といったところです。
日記については,読む価値があるのか疑問ですが,
何人かの人に,読んで頂けるのはありがたいことです。
また,少しでも人様のお役に立てればと思っています。

2009年9月20日(日)

東京六大学の早大対東大戦は,早大が,福井→松下のリレーで完勝しましたが,
松下投手にとって,福井投手とはどのような存在か考えてしまいます。
2003年秋四国大会準決勝は,先発し,6回以降つかまり,大逆転負け。
明徳 411 001 000  = 7
済美 000 002 33× = 8
[明]松下,鶴川−田辺
[済]福井−西田
センバツは絶望と思えた明徳ですが,神宮大会で済美が活躍し,選出され,
2004年センバツ準決勝で,リベンジの機会を得て,
鶴川をリリーフした松下は好投するも,返り討ち。
済美 213 000 010 = 7
明徳 000 006 000 = 6
[明]鶴川,松下−田辺
[済]福井−西田
松下・福井が最上級生となった2004年秋四国大会準々決勝では,
松下が9回に乱れて,またも逆転負けで,翌年のセンバツを逃す。
済美 100 000 004 = 5
明徳 000 110 011 = 4
[済]福井−西田
[明]松下−永松,藤本
05年夏は出場辞退で,甲子園を逃す。
松下は,早稲田大学に進学し,2年生時から頭角を現すも,
1年下には,06年夏を制した斎藤投手と,04年春を制した福井投手が入学。
早稲田の最上級生となった今,斎藤投手はおろか,福井投手の後塵を拝し,
早稲田投手陣の中で,4番手のような序列。
松下投手にとって,福井投手って何なんだろうかと思いました。
松下投手は,サイドスローに戻したようですが,
最後のシーズンを全力で投げ抜いて欲しいものです。

2009年9月19日(土)

大宮の物件をいくつか見てきました。
良い物件があったので,早めに決断しようと思います。
秋季予選,明徳は苦しみながら,初戦を突破しました。
早めの先取点と9回表のスクイズが大きかったです。
明  徳 010 000 001 = 2
追手前 000 000 000 = 0
イチローは,ヤンキースとの試合で,5打数4安打の大爆発,
2試合連続サヨナラ打となる,逆転サヨナラ本塁打をリベラから打ちました。
2000&200をクリアした後の凱旋試合を楽しんでいるようです。
今シーズンの結末は,ヤンキースの優勝と松井の残留を希望していますが。
ヤンキース 100 001 000   = 2
マリナーズ 001 000 002× = 3
18年前(91年)の9月19日は,辰吉がプロ8戦目で王者になった日です。
当時,部屋にはTVもなく,ラジカセの音声だけで聴いていて大興奮しました。
翌朝,スポーツ新聞を6紙ほど買ってきました。
彼がまだ現役であることには,敬意を表したいです。
悲劇的な結末だけは避けたいのですが。

2009年9月18日(金)

新人弁護士及び内定修習生の歓迎会がありました。
弁護士,事務員,修習生が1名ずつ都合がつきませんでしたが,
弁護士11名,事務員6名,修習生4名の合計21名が集まりました。
全員揃うと,24名になります。
みんなで力を合わせて頑張っていきたいものです。
同時に,彼らが気持ちよく働けるような環境を作っていく責務が,
私にはあるのだろうと思います。

2009年9月17日(木)

証人尋問後の夜は,興奮が冷めなくて,なかなか眠れませんでした。
12月に,大宮・名古屋・仙台に支部を設立する関係で,
各地にいる旧友の弁護士何人かに連絡しました。
高校時代の友人,研修所のクラスメイト,東京地裁で同班だった友人等々です。
こちらの要望から突然お電話するのは心苦しいものがありましたが,
古くからの友人と久しぶりに話せたのは,とても楽しかったです。

2009年9月16日(水)

名古屋地裁に係属中の裁判で,証人尋問に行ってきました。
弁護士になりたてのときからそうなのですが,
相手方に対する反対尋問の場合,先方の弱点を徹底的に攻めます。
総花的な尋問ではなく,的を絞って,罠を張って,逃げ場をなくして,
論理的にインテリジェントにエレガントに攻め(責め)ていきます
声が大きいことや,自信たっぷりに振る舞うことも重要です。
証人尋問の後,名古屋駅周辺の物件をいくつか見てきました。
12月には,当事務所の名古屋支部をオープンさせる予定です。
日本全国の依頼者の期待に応えたいと思っているのです。

2009年9月15日(火)

今月から新人弁護士が加わり,1年目の弁護士は2年目になり,
2年目の弁護士は3年目になり,3年目の弁護士は4年目になり,
8年目の私は,9年目になります。
若い弁護士の多い事務所ですが,若いからこそ,
1日1月1年で成長する余地も多く残っています。
男子,別れて3日なれば,刮目して相待すべしという訳です。
(男子だけではありませんが。)
呉下の阿蒙にあらずと言われたいものです。

2009年9月14日(月)

ダブルヘッダーの2試合目で,イチローがようやく決めてくれました。
史上初の9年連続200本安打。
人との争いが終わったと言っていましたが,108年前の記録と,
本気で向き合う生真面目さに驚かされます。
野球が心底好きで,1本のヒットを打ちたいと強く欲して,
そのために周到に準備する,そういう真摯な姿勢に頭が下がります。

2009年9月13日(日)

映画「おくりびと」のDVDを見ました。
最後に,失踪した父親を送るというストーリーは知っていたのですが,
ただ送るだけではなくて,泣いてしまいました。
「フィールド・オブ・ドリームス」や「リトル・ダンサー」を思い出しました。
父と子の結び付きには,言葉にしにくいデリケートな部分があります。
残り4本としていた,イチローは二塁打と本塁打であと2です。
最後,サイクルで決めるかと思いましたが,そううまくはいきません。

2009年9月12日(土)

今日も出所して,会計関係の書類等を整理しました。
大分前から,整理しなければと思っていたのです。
とは言え,移転当初から全く片付けていない書類もあります。
06年12月に独立して,もう3年になろうとしているのに。

2009年9月11日(金)

不動産事件の期日に,不動産鑑定士が専門委員としていらして,
専門的なお話をしてくれました。
その内容が,一般人の感覚に合致するもので,感銘を受けました。
別の事件の法廷で,大手サラ金業者の名目的支配人に会いました。
割り切って,過払い元本の6,7割で和解してくれている事務所もありますから,
先生のところもお願いしますよと懇願されましたが,そうは問屋が下ろしません。
そこに過払い金がある限り,依頼者のために1円でも多く回収するのです。

2009年9月10日(木)

昨日・今日と,依頼者のお話を約2時間ずつ聞いていました。
人のお話を聞くのが我々の仕事だと思っているので,
私は全く苦になりません。
とにかく,会って話すということは,相互理解のために重要です。
もちろん,必ず,説得できるというわけではないのですが。

2009年9月9日(水)

昨年から朝バナナダイエットをしていたのですが,
その結果,9キロ増えたという現実を直視して,
先週から,朝は抜いて,夕方にバナナを食べるようにしています。
朝食を抜くのは良くないと分かっているのですが,
尋常でない体重なので,緊急避難的にそうしています。
また,5時頃には空腹がピークに達して,何か食べないと能率が悪くなるのです。

2009年9月8日(火)

色々な方のアドバイスを聞いて,ようやくHPが復旧しました。
まだ,アクセスカウンタの辺りが気に入らないのですが,
あまり,考えすぎでもいけないと思っています。
夜,10キロ走ってきました。
iPODから浜田省吾の「19のままさ」が流れてきて,
19のままどころか,もう倍の38だよと思って,おかしくなりました。
「あいつはハイスクールで,一番タフでクール,そしてワイルド。」
そんな風に言われたことは一度もありませんでしたが。

2009年9月7日(月)

イチローがようやくメジャー通算2000本安打を達成しました。
9年連続200本安打も早く決めて欲しいものです。
昨年までのメジャー8年間で,1805本打っているので,
1805÷8≒年間226本の素晴らしいペースです。
13年+αで3000本に到達することになります。
日本の誇りと言って良いでしょう。

2009年9月6日(日)

TVで映画の「プリティーウーマン」が流れていて,
途中から最後まで見てしまいました。
何度見ても,この映画には違和感を覚えます。
端的に言って,売春婦を好きになるなんて考えられません。

2009年9月5日(土)

事務所に出て,記録の移転等をしました。
高知県予選の抽選が行われ,明徳は,須崎・追手前の勝者と当たります。
追手前は,夏4強ですから,油断はできません。
負けたら,センバツはなくなるので,緊張感のある試合です。
神奈川県予選が始まり,何と横浜が初戦敗退し,センバツが消えました。
桐蔭 090 000 002 = 11
横浜 700 000 100 =  8
夜,13キロ走りました。
とにかく,走り続けることにしたのです。
’Cause tramps like us,
baby we were born to run.って訳です。

2009年9月4日(金)

ホームページの色がおかしくなってしまって大変です。
知識もないのに,あちこちいじりすぎたかもしれません。
古い日記の日付も消えてしまいましたし,頭が痛いです。
夜,高校生クイズを見ていたら,母校は準決勝で敗退していました。
サイコロを振って,何回目かまでの目の合計が6になる確率という問題で,
1/1300とかいうおかしな回答で,間違えてました。
1回目に6が出てもクリアするわけで,1/6より大きいはずなのに,
何やってんだよと思いました。
結局,この問題は,1回目から6回目までの確率を合計するだけです。
1回目 6→1/6
2回目 5・1,4・2,3・3,2・4,1・5→5/36
3回目 4・1・1
     3・2・1,3・1・2,
     2・3・1,2・2・2,2・1・3,
     1・4・1,1・3・2,1・2・3,1・1・4→10/216
4回目 3・1・1・1
     2・2・1・1,2・1・2・1,2・1・1・2,
     1・3・1・1,1・2・2・1,1・2・1・2
     1・1・3・1,1・1・2・2,1・1・1・3→10/1296
5回目 2・1・1・1・1,1・2・1・1・1,1・1・2・1・1,
     1・1・1・1・2,1・1・1・1・2→5/7776
6回目 1・1・1・1・1・1→1/46656
合計  7776+6480+2160+360+30+1/46656
    =16807/46656
それはともかく,20キロ走ってきました。
20キロ走るのは,人生で初めてかもしれません。
この3日間で,45キロ走りましたが,マラソンの大変さを思い知りました。

2009年9月3日(木)

朝,軽い気持ちで,半年ぶりに体重計に乗ったら,何と89キロありました。
いくら,野球好きでも,王監督好きでも,89キロはひど過ぎます。
2月末までは,約80キロだったので,半年で,9キロは増えました。
さすがに,体重について,何とかすることを決意しました。
午前中は,横浜支部で,パソコンの設定等に立ち会っていました。
その後,プリンターの設定等は,横浜の弁護士に任せて,新宿に戻り,
新宿で,机2つの設置と,パソコン2台の設定をしてもらいました。
また,我孫子用にもパソコンを1台増やすことにしました。
人を増やしていくための準備をしなければなりません。
夜は12キロ走ってきました。

2009年9月2日(水)

朝,横浜に行く修習生に電話すると,大丈夫でしたとの明るい回答で,
腰が抜けそうになりましたが,とにかく合格してくれて良かったです。
これで,現在弁護士が11名のところに,弁護士が1名増えて,
オーシャンズ11が,オーシャンズ12になります(意味不明)。
また,新宿中心に我孫子と横浜で鶴翼の陣(?)といったところです。
気分が高揚したのか,夜,13キロ走ってきました。

2009年9月1日(火)

二回試験(弁護士になる試験)の合格発表だったのですが,
高知支部に行ってもらうことを検討していた修習生が桜散るで,
かねてからの念願であった高知支部は白紙に戻ってしまいました。
横浜支部に決まっていた修習生からも連絡がなく,不安が募ります。
先行きが見えないまま,弁護士達と,ジンギスカンを食べに行きました。