y01

.
.
.



うを座に入ろう!



but15塾生・スタッフ大募集

.
kuru1 うを座では随時、塾生・スタッフを募集しております。
.
「ダンスがしたい! 」「歌いたい! 」「朗読したい! 」「演技に興味がある! 」というひと!!
あの舞台を一緒に創りたいという大人の方々!!
とにかく自分のエネルギーを発揮してみたいあなた!!
ちょっと練習をのぞいてみませんか!!

kuru1 保護者の皆さま
.
『言葉を持つ』これが人としての証し
   舞台は人を育む力があります!

.
うを座の活動に参加する子供達に贈る「舞台の力」 それは素晴らしい先生方との出会い、または自分との出会い、から始まります。
練習の時間は子供達が心を掴まれ魅了される魔法の時間です。
その魔法力は、子供達が与えられたハードルに向かっていく力、それを飛び越えようとする力を与えてくれます。
想像力、言語力、協調性、持続力、発声力、瞬発力など様々な身体表現を磨く技術の先に、人として生き生きと生きる生命力の根っこを与えてくれます。
どうぞ、子供達に出会いのチャンスを与えて下さい!!


pin1 入会条件
(塾 生)    小学校1年生〜高校3年生
(スタッフ)  基本的には18歳以上

pin2 活動内容
青少年(小・中・高校生)を対象とした演劇教室(演劇塾)を定期的に開催し、その成果を発表する公演を開催する。

pin3 活動日
定期練習:毎週土曜日午後6時〜9時(変更もありうる)
臨時練習:プロの俳優の日程に合わせた特別指導
公演前の集中練習

pin4 費  用
・塾   生  
入会金    2,000円
月   謝    5,000円(公演費用積み立てを含む)
・スタッフ
年会費    1,000円

pin9 連絡先
お問い合わせは下記まで、よろしくお願いします。
見学は、随時受付けております。
.
うを座連絡

.
com_usa120

.
.

uo-logo160_en

.
lamp4 塾生募集
line9

kasasagi120

これまで、うを座から数多くの先輩が巣立ち、様々な分野で活躍しています。
みなさんもうを座で、自己表現する力を身につけませんか?

.



but25 うを座体験者(親子)の声をちょっと紹介



「違う学校の友達が増えました」
kuru3kuru2kuru3 私は「うを座」に入ってよかったと思うことが何度もあります。
最初のうちは、知らない人ばかりで心細かったけど、今では大きな声で台本を読んだり、新しいステップを踊ったりして、楽しいと思うことばかりです。(面瀬小学校4年生:女子)

kuru2kuru3kuru2 まったく知り合いのない「うを座」に娘が入塾したのは3年前。
本当に内気な性格で、学校も学年の異なる集団の中でやっていけるかと心配しましたが、今では違う学校の友達も増え、心も体もたくましい限りです。(母)


「自分を素直に表現することが出来るようになっていた」
kuru4kuru3kuru4 「うを座」に入り、私は大きく変わった。台詞、踊り、歌で気持ちを表現しているうちに、日常生活でも自分を素直に表現することが出来るようになっていた。
素敵な先生方、スタッフ、友達にも出会え、「うを座」に入れて本当によかったと思う。(鹿折中学校1年生:女子)

kuru3kuru4kuru3 「私もやりたい」、瞳を輝かせ「うを座」の舞台を見つめる子がいた。
そして今、子供達が未来へ向け夢を持てる世界、素の自分を表現できる世界、そんな佇の中で生き生きとしている子がいる。
あれから6年、今年も暖かな春を迎える。(父)


「生きてるって楽しいなって心から思える・・・」
kuru1kuru4kuru1 私にとって「うを座」は「生きがい」です。
「うを座」に出会って、新しい自分の可能性をたくさん見つけることが出来ました。生きてるって楽しいなって心から思える・・・。
その原点が「うを座」です。(鼎が浦高校2年生:女子)

kuru4kuru1kuru4 娘が「うを座」にお世話になって変わったこと
*猫背気味の姿勢が治ってきたこと
*納豆を食べながら話しているような喋り方が聞きやすく変わってきたこと
こんな変化を感じているのは私だけでしょうか(父)

.
.



kame_nun120
Kame swifty


kame_ito120
Kame & Itoh
「うを座に夢中」
◆ ◆

kuru4kuru5kuru6 「これ、やってみたいんだけど・・・」
ある日、5年生の娘が私に1枚の紙を持ってきました。
「なあに?」と覗き込むと、それは「塾生・スタッフ募集中」と書かれている「うを座」のチラシでした。

みなさんは「うを座」をご存知ですか?
名前くらいは聞いた事があるかもしれませんね。
では、公演を見た事がある人 はどのくらいいるのでしょう。実は私も娘も名前は知っていても機会が無く、公演を見た事はありません。「やってみたい」と言われてもどんなものかもわかりませんでした。

それで、周りの人に聞いてみたら、返ってくる言葉はほとんどが「大変みたいだよ〜」私はすっかりビビッてしまい、娘に「やめたほうが良いんじゃない?」と勧めました。
しかし、やる気満々になってる娘には通じませんでした。

それでは・・・と二人で実際の練習を見学に行く事にしました。もしかしたら練習を見れば「自分には無理だ!」と思うんじゃないかという 私の思惑は見事にはずれ、娘はますますうを座に夢中になっていったのです。

今、公演を控え、練習は毎日朝から夜まで。それでも娘は「楽しい!」の連発。ついこの間は、役を降ろされてしまうという貴重な経験までさせてもらいました。

帰りの車の中で「悔しい!」と娘は泣いたけれど、翌日も練習に出掛けて行った。とりあえず、役は元に戻ったけれど、いつまた役を降ろされるかもしれない。悔しさをバネに成長してくれれば良いんだけれど・・・。

でも、うを座に行くようになってから、娘は充実した毎日を送っているようです。送り迎えも結構大変だけれど、夢中になれるものがあるっていうのは、良い事だと私は思っています。

ということで、私も覚悟を決めて協力していくことにしました。今年の公演、娘以上に楽しみにしているのは、実は私かもしれない。

これを読んでくれた方、一緒にうを座に夢中になってみませんか?

千葉 千里(うを座親の会)

.

.


.
.
.
.

.
.

Home > 塾生募集
...
.
E-mail