福島県の四季
HOME 福島県の山地図 福島県の概要 福島県の自然 福島県の天候 福島県の活火山

春福島県の春は東北地方で冬が一番過ごしやすいといわれる浜通り南部から始まる。ソメイヨシノの開花期は4月の初旬で、次いで福島盆地周辺、県中郡山周辺、そして県南白河地方となっている。白河より北に位置する福島に春の訪れが早いのは、阿武隈川が約300mの標高差をもって北流しているためで、中通りでは、サクラ前線が南下するという特異な現象を呈している。また、会津地方の春は遅く、南会津では開花期が5月初旬となっている。このように桜の開花期が約1ヶ月もちがうのは福島県の面積の広さを物語っているといえる。 浜通り南部に次いで春の訪れる県北の福島盆地周辺は、頂きに雪を残す吾妻・安達太良連峰を背景に色とりどりの花が次々に咲く。果物の山地として有名な福島盆地では4月になるとピンクのモモの花と、白いナシの花やリンゴの花がいっせいに咲き競う。 三春5万石の旧城下町・三春。その名の由来は「ウメ・サクラ・モモが花を競う三つの春」から発しているといわれている。ウメに続いてサクラが咲き、モモがこれを追いかける・・・。会津のサクラが終わると福島県の春は、深い冬の眠りから覚めて、雄大な自然の息吹が戻ってくる。

夏緑におおわれた山岳道路を走る、磐梯吾妻スカイライン。福島県の山地の夏は涼を求めて県内外の観光客で賑わう。磐梯・吾妻・安達太良連峰や、日本最大の湿原・尾瀬では数百種といわれる高山植物が可憐な花をつけて訪れる人々の心を引きつける。自然の美しさと素朴さがうけて観光客は増えている。企業の保養所や野外施設の建設も盛んになっている。東北の湘南ともいわれる浜通り・いわきの海岸。シーズンになると勿来、薄磯、新舞子、四倉、波立、原釜などの浜辺が海水浴客で賑わう。

秋福島県は多様な自然環境に恵まれているため、秋の景観も地域的な特色をもっている。たわわに実るカキの実が鮮やかな朱色になる頃、磐梯山、吾妻・安達太良連峰の雄大な峰みねは、金、紅、朱に染まる。浜通りに流れる数多くの渓流も、色とりどりの景観になる。田畑のほとんどは収穫され、福島盆地の果樹園も収穫を終えると、会津地方から冬を迎える準備に入る。美しい秋の美観は観光福島の比類なき宝である。