現在位置 Top->here

このページの情報は最新ではありません。最新の情報はこちらから


貸倒引当金の考え方と処理方法

貸倒引当金という項目は青色申告の用紙にも印刷されていますが、税理士の先生の本を見ても 説明が簡単すぎてよく分かりません。いろいろと考えて以下のような結論になりました。 なお、後の方で実際の操作を説明する時、前回のファイルの続きを使いますので、 持っていない人はこちらをクリックしてください。

現金・預金と受取手形・売掛金の違い

簿記の教科書によると資産の項目は現金に近い物から順に並んでいるそうです。つまり、 美味しい物から順に並んでいると言えます。最初の方は次のようになっています。

これらは営業活動の成果でもありますが、確実性には差があります。つまり、現金で受け取ったり 預金口座に振込んでもらった時には安心ですが、手形で受け取った時には相手が倒産すれば 紙切れになりますし、売掛金はなおさら不安定です。

税務署ではこれらをすべて収入として扱います。しかし、受取手形や売掛金が回収できなくなる 可能性も考慮すべきではないかということで貸倒引当金があると思います。なお、貸倒れには 貸付金なども含みますが、以下の話では受取手形と売掛金を主な対象として考えます。


年末の受取手形や売掛金の5.5%を貸倒引当金とする

この5.5%というのは決まっている数字のようです。ともかく、年末に残っている受取手形や 売掛金の総額の5.5%は回収できなくなるかもしれないとして計算します。すると、実際に 貸倒れになるのは翌年だとしても、損失予定額を前年の経費として計上できます。これが 貸倒引当金です。

すると、翌年には貸倒れとして損失になるはずです。これは支払うべき借金と同じなので、 経費として計上したのと同額を負債として計上します。これを振替伝票に書くと 次のようになります。

もし売掛金を無事に回収したら、支払うべき負債を支払わずにすんだことになります。これは 利益です。ですから、これを振替伝票に書くと次のようになります。これが繰り戻しです。

繰り戻しを行なうのは1年後の年末なので、その時の受取手形や売掛金の総額の5.5%に対しては 上で述べた繰り入れの操作も行ないます。つまり、貸倒引当金の入れ替えとなります。専門用語 では洗い替えと言うらしいです。


先ほどの例題に貸倒引当金を追加する

前回の説明では、前期からの繰越処理として次のように計上していて、貸倒引当金は含まれて いませんでした。

しかし、もし一年前の申告で貸倒引当金を計上していたら次のようになっていたはずです。 すなわち、売掛金の567,000円の5.5%は31,185円ですので、これを経費として計上するとともに 負債としての貸倒引当金にも計上します。経費の方は繰越しませんが利益が減ります。 そして、その31,185円だけ翌期の期首の元入金も減ります。

これを行なうには、トップメニューの「3.振替伝票」を実行します。パケット選択をして 「変更」ボタンをクリックします。

入力済みの振替伝票が表示されます。ここで元入金を31,185円減らして、貸倒引当金として 同額を計上します。

次のように入力して1.OKをクリックしてデータを更新します。ここでは、貸倒引当金は負債としての ものです。最初に登録した時に後ろに番号をつけていないものです。

以上で、2006年の期首の処理は終わりです。次に2006年の期末の処理をします。


期末での貸倒引当金の洗い替え

すでに入力してあるデータから決算集計をすると、期末での受取手形や売掛金の総額がわかります。 その金額の5.5%が新しい貸倒引当金となります。

これを入力するために振替伝票を実行し「追加」ボタンで新規の伝票を作成します。 ここでは上の行では負債としての貸倒引当金を削除して利益としての貸倒引当金を計上します。 下の行では、経費としての貸倒引当金を計上するとともに、同額を負債としての貸倒引当金として います。

なんだかさっぱり分からないという人も多いかもしませんが、まあ数字だけを入れ替えて 入力すれば誰でもできるのではと思います。ともかく、これで利益は次のようになります。 …適当に数字を作ったので赤字になってしまいましたけど(笑)。

貸倒引当金の処理をする前の利益は次のようになっていました。ここでは、貸倒引当金の処理で 利益が減り、黒字であれば税金も減ったことになります。…いつでもそうなるとは限りませんけど。

このほかにも、棚卸資産と減価償却というややこしい話があります。そちらを引き続き説明してから 申告用紙への記入についての話をしたいと思います。とりあえず、ここまでのデータファイルは こちらをクリックしてください。


の来客がありました。

現在位置 Top->here